エアライン, 空港 — 2018年8月21日 15:03 JST

ANA、羽田の保安検査20分前に 12月から、2タミ利用各社も

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は8月21日、羽田空港国内線の保安検査場の通過締切時刻を、12月1日から20分前に変更すると発表した。旅客増加やターミナル拡張によるもので、現行の15分から5分早めることで定時出発率の向上を図る。

12月から羽田の保安検査締切を20分前に変更するANA=PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 羽田の第2ターミナルを使用するANAのほか、エア・ドゥ(ADO/HD)とスターフライヤー(SFJ/7G、9206)、ソラシドエア(SNJ/6J)の各社も、20分前に変更する。スターフライヤーは、第1ターミナルでも20分前に変更する。羽田以外は、各社とも現行どおり15分前を継続する。

 ANAは2004年12月1日から、第2ターミナルを使用している。入居した当時は、保安検査場から搭乗口まで、最長で500メートル、およそ7分で到着していた。その後、便数の増加などによりターミナルが拡張。現在、最も遠い搭乗口までは740メートル離れており、10分程度かかる。第2ターミナルは現在、北側へ拡張する工事を進めており、今後も搭乗口までの所要時間の拡大が見込まれる。

 第1ターミナルを使用する、日本航空(JAL/JL、9201)とスカイマーク(SKY/BC)は、変更を予定していない。JALは15分前までの通過を、スカイマークは20分前までのチェックインと、15分前までに搭乗口前に集合することを定めている。

関連リンク
全日本空輸
エア・ドゥ
スターフライヤー
ソラシドエア
羽田空港国内線旅客ターミナル

第2ターミナルが一部国際線対応に
羽田第2ターミナルの国際線転用、20年3月までに実施 TIATが運用(16年11月24日)
ANA篠辺社長、羽田2タミへの国際線就航「有力な選択肢」(16年10月30日)

スターフライヤー17年10月から福岡行き1タミ発に
スターフライヤー福岡行き、羽田1タミ発に 10月から3年ぶり(17年7月13日)