エアバス, エアライン, 機体 — 2017年8月28日 16:00 JST

カンタス航空、A380改修へ 全12機、ビジネス・プレエコ増加

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 カンタス航空(QFA/QF)は、12機保有するエアバスA380型機の内装を順次刷新する。ビジネスとプレミアムエコノミーを増加させ、エコノミーを減らす。改修の終了は2020年を見込む。

A380の改修を進めるカンタス航空=14年5月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 カンタス航空のA380は現在、4クラス計484席(ファースト14席、ビジネス64席、プレミアムエコノミー35席、エコノミー371席)を設定。改修後は4クラス計485席(ファースト14席、ビジネス70席、プレミアムエコノミー60席、エコノミー341席)とし、ビジネスを6席、プレミアムエコノミーを25席増加し、エコノミーは30席減少する。

 現在はメインデッキ(1階席)にファーストとエコノミー、アッパーデッキ(2階席)にビジネスとプレミアムエコノミー、エコノミーを設置している。改修後はアッパーデッキのエコノミー30席を廃止し、ビジネスとプレミアムエコノミーのみとする。

 改修は2019年第2四半期(10-12月期)から着手し、2020年末までには終了する見込み。

 カンタス航空は、A380を欧州や米大陸路線などに投入。シドニーとメルボルンから、ロサンゼルス線やドバイ経由のロンドン線などで運航している。

関連リンク
カンタス航空

カンタス航空、A350長距離型と777Xで長距離便検討 22年、ロンドンとニューヨーク(17年8月25日)
カンタス航空、ロサンゼルス空港にA380対応格納庫(17年1月30日)
カンタス航空、A380ファーストのパジャマ刷新 男女兼用、綿100%(16年9月29日)
カンタス、世界最長シドニー-ダラス線にA380導入 9月から週6往復(14年5月12日)