エアライン, 空港, 解説・コラム — 2017年8月14日 08:25 JST

羽田国際線ターミナル、名称変更へ ”3タミ”有力

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 羽田空港国際線旅客ターミナルの名称が変更になることが、Aviation Wireの取材でわかった。国内線ターミナルが第2ターミナルまであることから「第3ターミナル」に改める案が有力で、2020年までに第2の一部国際化と同時に変更する。

*正式発表の記事はこちら

羽田第3ターミナルに変更される国際線ターミナル=16年4月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 羽田は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、国際線の年間発着回数を、現在の9万回から飛行経路の見直しにより最大3.9万回増の12.9万回とし、国内線と合わせて48.6万回に拡大する計画。国際線の旅客数は、2015年の1259万人から1.6倍の1964万人に増える見通し。

 国際線と国内線を結ぶトンネルを整備するほか、全日本空輸(ANA/NH)などが乗り入れる国内線第2ターミナルの南側を増改築して国内線と国際線共用とし、北側に国内線用の搭乗施設を整備する。

 南側の増築部分は、延床面積が約6万平方メートル、既存建物上部への増築部分が約7200平方メートル、改修部分が約2万1000平方メートルで、増築部分は地上5階地下1階建てとなり、2019年12月の完成を目指す。

 北側の国内線施設は、サテライト部分の延床面積が約8400平方メートル、ボーディングステーションは約430平方メートルが3カ所で、サテライトは地上3階建て、ボーディングステーションは地上2階建てとなる。ターミナルを運営する日本空港ビルデング(9706)は、竹中工務店と契約を結んだ。完成はボーディングステーションが2018年4月中旬、サテライトが同9月末となる見込み。

 空港ビルでは第2ターミナルの一部国際線転用について、北側の国内線施設を含めて総事業費約750億円の投資を計画している。

 第2ターミナルへ新たに国際線が乗り入れることから、既存の国際線ターミナルの名称を変更することで、利用者にわかりやすい案内を目指す。

関連リンク
羽田空港国際線旅客ターミナル
羽田空港国内線旅客ターミナル

羽田国際線ターミナル、「3タミ」に 20年3月変更(17年8月29日)
羽田第2ターミナルの国際線転用、20年3月までに実施 TIATが運用(16年11月24日)
ANA篠辺社長、羽田2タミへの国際線就航「有力な選択肢」(16年10月30日)
羽田空港、都心上空通り離発着へ 新ルート了承(16年7月29日)