MRJ, 機体 — 2017年4月10日 16:45 JST

MRJ、フロリダで極寒・酷暑試験

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 三菱航空機は、開発中のリージョナルジェット機「MRJ」を、極寒から酷暑まで厳しい気象を再現した試験に投入し、機器が意図どおりに作動することを確認した。

酷暑条件でテストに臨むMRJ飛行試験4号機(三菱航空機提供)

 試験に投入したのは飛行試験4号機(登録番号JA24MJ)。米フロリダ州エグリン空軍基地のマッキンリー極限気候研究所で、現地時間2月28日から3月17日まで試験した。

 試験ではマイナス40度の極寒と、50度の酷暑を再現し、機体やエンジンなどが動作状況を確認した。

 4号機は2016年9月25日に初飛行。同年11月15日に県営名古屋空港を出発し、現地時間18日に米ワシントン州モーゼスレイクにあるグラント・カウンティ国際空港に到着した。その後、イリノイ州ロックフォードのシカゴ・ロックフォード国際空港で自然着氷試験に臨み、フロリダに移動した。

極寒条件でのテストに臨むMRJ飛行試験4号機(三菱航空機提供)

関連リンク
三菱重工業
三菱航空機

【スクープ】MRJ、ANA塗装でパリ航空ショー出展へ 3号機塗り替え(17年4月9日)
ANA、MRJ遅延で737つなぎ導入 リースで4機、旧型機置き換え(17年4月7日)
MRJ、3号機が米国到着 4機で飛行試験、5号機は設計変更用に(17年4月3日)
MRJ、4号機が米国到着 飛行試験2機体制に(16年11月21日)
MRJ、4号機が初飛行 名古屋から試験空域へ(16年9月25日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: