空港 — 2016年3月9日 15:10 JST

成田空港、1タミに新駐機場 2タミと接続も

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 成田国際空港会社(NAA)は3月9日、第1ターミナルで整備を進めているスポット(駐機場)と搭乗口を報道関係者に公開した。15日から供用を開始する。第1ターミナルのスポット数は、37カ所から39カ所に増加する。

15日に供用を開始する58A・Bスポット=16年3月9日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

増設する58Aと58Bの配置図(NAAの資料からAviation Wire作成)

 第1ターミナルの第5サテライトの2カ所で、ゲート番号は「58A」と「58B」。以前、航空照明を整備する会社の事務所があった場所に設置した。これまでの57番と58番ゲートは、増設にともない番号を変更し、3月3日からはそれぞれ「57A」と「57B」とした。ボーイング747型機や777などを含む、エアバスA380型機以外の全機種が駐機できる。15日に供用を開始し、全日本空輸(ANA/NH)の午前11時発ワシントンDC行きNH2便が初便となる。

 デザインは2015年12月に供用を開始した第2ターミナルの67番と68番スポットを踏襲。天井を貼らずに黒く塗装することで、動線を示す白い天井部分とのコントラストを際立たせ、利用客の効果的な誘導を狙う。到着・出発動線ともに連続したガラス面で構成し、パノラマビューのデザインを採用した。

 搭乗口前にはイスを282席用意。USBとコンセントを設置し、スマートフォンやパソコンなどを充電できるようにした。このほか、背もたれを後方に倒した「リラックスチェア」を8席設けたほか、パソコンなどを使用できる充電デスクを12席設置した。

 増床部分は約240メートルで、うち約110メートルを構内道路や一般道、地下を通る芝山鉄道などをまたいで建設した。延床面積は約7500平方メートルで、2013年9月20日に着工。工事終了は3月11日を予定している。

 今回の搭乗口は第1ターミナル第5サテライトに増設。第2ターミナルで2015年12月に供用を開始した67番と68番スポットが目の前にある。スポット増設前は両ターミナルは650メートル離れていたが、供用開始により、290メートルに縮まった。NAAは将来的に両ターミナルの連結を予定している。連結後は両ターミナル間にスポットを3カ所設置予定で、うち2カ所はA380にも対応する。

 出発動線は到着動線に比べ、幅を広くした。NAAによると出発動線に動く歩道の1基増設を見込み、連結後の動線を確保する狙いがある。

 現在、成田空港のスポットは、第1ターミナルの37カ所のほか、第2ターミナルに32カ所を設置。このうち大型機と小型機に対応できる「マルチスポット」は計19カ所ある。67番と68番スポットは、当初スカイマーク(SKY/BC)がA380を導入することを前提に整備を開始したものを転用した。

*就航初便の記事はこちら
*写真は15枚

58A・B搭乗口から続く到着動線=16年3月9日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

到着動線と比較し、横幅を動く歩道1基分広くした出発動線=16年3月9日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: