エアライン, ボーイング, 機体, 解説・コラム — 2015年5月7日 09:46 JST

エンタメ充実の新機材 写真特集・ANAの787-9国際線仕様機(機内編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)が国際線仕様のボーイング787-9型機の初号機(登録番号JA836A)を、羽田-ミュンヘン線に5月5日から就航させた。ANAは787-9を44機発注しており、国内の航空会社では初めて国際線に投入した。

787-9国際線仕様機のビジネスクラス=4月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田を出発するANAの787-9国際線仕様初号機=5月5日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

 ANAは787の長胴型である787-9を、2014年8月から国内線に2機導入済み。国際線仕様機は今年4月に初めて受領し、4月23日に米シアトルから羽田空港へ到着した。8月以降には2路線目の羽田-ジャカルタ線へ投入を計画している。

 座席数はビジネスクラス48席とプレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス146席の計215席。787-8の国際線長距離仕様の169席(ビジネス46席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー102席)よりも46席増え、貨物も約1.2倍搭載できる。

ビジネスクラス

 ビジネスクラスはフルフラットシートで、スタッガード配列を採用。787-8では1列ごとに1席-1席-1席配列と1席-2席-1席配列が交互に配されていたが、787-9は1-2-1配列に統一された。

 個人モニターは17インチのタッチパネル式液晶ワイドスクリーンで、パソコン電源、USBポートなどを備える。フルフラットシートの長さは75インチ(190.5cm)、幅は23.6インチ(59.94cm)。シート下には靴を収納できる専用スペースを設けてある。シートメーカーはゾディアック・シート・フランス。

ビジネスクラスが1-2-1配列に統一されたANAの787-9国際線仕様機=4月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

プレミアムエコノミー

 プレミアムエコノミーは横7席(2-3-2)。座席幅は19.3インチ(約49cm)で、中央のひじ掛けには飲み物を置けるカクテルトレイを用意した。また、10.6インチモニター(最前列は12.1インチ)やパソコン電源、USBポートなどを備える。

 シートピッチは、エコノミーと比べて約10%(4インチ=10.16cm)拡大し、38インチ(96.52cm)となる。メーカーはゾディアック・シート・US。

2-3-2配列のプレミアムエコノミー=4月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

エコノミー

 エコノミークラスは9席(3-3-3)。背もたれが薄型のシートを導入した。

 ひざが当たる部分をえぐっているため、足元の快適性は従来と同等を確保したという。パソコン電源、USBポートを備える。メーカーはゾディアック・シート・US。

3-3-3配列のエコノミー=4月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

TVのライブストリーミングやWi-Fi

 全クラス共通の新サービスとして、各席の個人用モニターでテレビ番組をリアルタイムに視聴できるサービス「ANA SKY LIVE TV」を初導入。NHKやCNNのニュース番組や、スポーツ番組が無料で見られる。

 また、777や767で提供中の機内インターネット接続サービス「ANA WiFi サービス」も、787では初めて導入。全クラスで利用できる衛星回線を使ったネット接続サービスで、米パナソニックアビオニクス製のシステムを使用する。同システムは、ボーイングが787用のネット接続システムとして、唯一採用したもの。料金は30分で6.95ドル(約830円)、3時間で16.95ドル。

 機内エンターテインメントプログラムも拡充し、電子書籍を用意。個人用モニターで雑誌やマンガ、実用書などが無料で読める。

 モニターで見られる航路図「ANA スカイマップ」も、従来の2次元(2D)地図から3次元(3D)に進化。立体的な地形表示や、さまざまなアングルからの航路図が楽しめるという。

 エンジンは英ロールス・ロイス製トレント1000-K2で、出力は3万3480キログラム。787-9の国内線仕様機用トレント1000-A2(出力2万8940キログラム)と比べ、出力が増加している。航続距離は787-8の国際線仕様機より160キロメートル伸び、1万4960キロメートルとなっている。

 本写真特集では、全クラスの客室のほか、コックピットやギャレー(厨房設備)、ウォシュレットを備えたラバトリー(化粧室)、機体外観などを47枚の写真で紹介する。

*ログインするとすべての写真をご覧いただけます。
*初号機の羽田到着時と初便就航の様子はこちら

787-9国際線仕様機のビジネスクラス=4月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。