エアライン, 企業 — 2014年9月6日 17:30 JST

「空飛ぶ電車」現る 南海、ピーチ塗装のラピート公開 7日運行開始

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 南海電気鉄道(9044)は9月7日から、ピーチ・アビエーション(APJ/MM)の機体デザインを再現した特急の運行を開始する。特急ラピートの特別塗装編成「出逢えたらラッキー Peach×ラピート ハッピーライナー」で、5日に報道関係者に公開された。(運行初日の記事はこちら

ピーチの機体デザインを再現したハッピーライナーと客室乗務員=9月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ハッピーライナーは50000系6両1編成で、APJの機体デザインをイメージ。ピーチのコンセプトである「空飛ぶ電車」を具現化した形だ。通常塗装のラピートは青色だが、前後の先頭車は一度白色に再塗装した上で、フーシア色などのデカールを使って機体デザインを再現した。3号車と4号車には、APJの機体と同じく3色が配された。

 運行初日の7日は、なんば駅でハッピーライナーの出発式を開催。午前11時30分発関西空港行きのラピートβ41号にAPJの客室乗務員が乗車し、車内で乗客に記念品を配布する。ハッピーライナーのデッキ付近には、「小さな幸せ」を表すハートマークのステッカーが貼られる。

 運行期間は2015年8月31日までの約1年間。運行ダイヤは、南海のウェブサイトで公開する。

 ラピートは、関西空港開港日の1994年9月4日に運行開始。4月には20周年を記念し、人気アニメ「機動戦士ガンダムUC」とコラボレーションした「赤いラピート」が登場。上級席「スーパーシート」は、通常塗装のラピートと乗車率を同一期間で比較すると7倍を記録した。ラピートの1編成すべてに特別塗装を施すのは、赤いラピートに続いて2度目となる。

 運行を記念し、クリアファイルなどのグッズを期間限定で販売する。(運行初日の記事はこちら

ピーチの機体デザインを再現したハッピーライナー=9月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ピーチの機体デザインを再現したハッピーライナー=9月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ピーチとラピートのロゴが描かれたハッピーライナーの先頭車=9月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。