MRJ, 機体 — 2014年6月26日 13:18 JST

MRJ、飛行試験初号機にエンジン搭載

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 三菱航空機と三菱重工業(7011)は6月26日、リージョナルジェット機「MRJ」の飛行試験機初号機(登録番号JA21MJ)にエンジンを取り付けたと発表した。

エンジンを搭載したMRJの飛行試験機初号機(三菱航空機提供)

 搭載したエンジンは米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製のギヤード・ターボファン・エンジン「PurePower PW1200G」。最終組立を行う三菱重工業(7011)名古屋航空宇宙システム製作所の小牧南工場で、搭載作業を終えた。

 今後は装備品の取付や内部の配線、配管などを進める。

 MRJの初飛行は2015年4-6月期、初号機の引き渡しは2017年4-6月期を予定している。

エンジンを搭載したMRJの飛行試験機初号機(三菱航空機提供)

エンジンを搭載したMRJの飛行試験機初号機(三菱航空機提供)

エンジンを搭載したMRJの飛行試験機初号機(三菱航空機提供)

関連リンク
三菱航空機

MRJの資産価値、三菱航空機がPR 川井社長、ファンボロー「期待したい」(14年6月19日)
三菱航空機、MRJ飛行試験初号機の主翼と胴体結合(14年6月17日)
三菱航空機、MRJのエンジン写真公開(14年6月6日)
スピリット、MRJ向けパイロン初出荷(14年5月9日)
三菱航空機、MRJ飛行試験初号機の右主翼写真公開(14年4月14日)