エアライン, ボーイング, 機体, 空港 — 2018年1月1日 21:45 JST

ANA、富士山近くで初日の出フライト 高度1万3000フィート

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は1月1日、今年で18回目となる初日の出フライトを羽田発着便で実施した。同社の初日の出フライトは、21世紀が始まった2001年に、他社に先駆けてスタート。今回の機材は、ボーイング787-8型機の国際線仕様機(登録番号JA831A、2クラス240席)が選ばれた。

*写真特集はこちら

ANAの初日の出フライトNH2018便から見た初日の出と富士山=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

 窓側席を含むコースの料金は、普通席利用の窓側席を含むAコースが2人で10万円、窓側席を含まないBコースが同7万円。機内では軽食と飲み物を用意し、搭乗証明書とANAのロゴ入り箸(はし)などのおみやげが用意された。

 羽田第2ターミナルの58番搭乗口前では、和服を着た地上係員が、初日の出フライトNH2018便の乗客を出迎えた。

 ANAの平子裕志社長は、「初日の出フライトの高度は3960メートルを予定しており、富士山の高さ3776メートルよりも約200メートル上を飛ぶ。6社10便が飛ぶと聞いているが、富士山山頂に一番近いところから、御来光を臨んでいただける」とあいさつした。

 今回の初日の出フライトも例年同様、客室乗務員が接客技術を競う社内コンテスト「OMOTENASHIの達人コンテスト」のファイナリストも乗務。操縦は戌年生まれのパイロットが担当した。

 NH2018便は午前5時31分、乗客168人(スタッフや報道関係者含む)と乗員12人(パイロット2人、客室乗務員10人)を乗せて58番スポットを出発。午前5時48分にD滑走路(RWY05)から離陸した。

 その後は、日の出予定時刻の午前6時45分ごろから、長野県駒ヶ根市の南アルプス付近上空1万3000フィート(約3960メートル)で、初日の出と富士山を鑑賞した。

 富士山付近を何度も旋回して御来光を拝んだ後は、午前7時49分に羽田のA滑走路(RWY34L)へ着陸。午前7時57分に出発時と同じ58番スポットへ戻った。羽田では出発時と同様、平子社長や志岐隆史副社長をはじめとする社員が、初日の出と初富士を満喫した乗客を出迎えた。

*写真は24枚。
*写真特集はこちら
*JALの初日の出フライトはこちら

羽田58番搭乗口前に並ぶ初日の出フライトに乗務するANAの客室乗務員と着物を着用した地上係員=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

羽田58番搭乗口前に並ぶ初日の出フライトに乗務するANAのパイロットと客室乗務員、着物を着用した地上係員=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

搭乗口前であいさつするANAの平子社長=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

初日の出フライトの乗客を出迎えるANAの平子社長と志岐副社長ら=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

初日の出フライトの乗客と記念撮影するANAの平子社長=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

羽田を離陸するANAの初日の出フライトNH2018便=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

初日の出を控えた富士山=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

初日の出フライトNH2018便の機内サービスするANAの客室乗務員=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

富士山上空で初日の出を待つANAの初日の出フライトNH2018便=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

富士山上空で初日の出を待つANAの初日の出フライトNH2018便=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

初日の出を撮影するANAの初日の出フライトNH2018便の乗客=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

ANAの初日の出フライトNH2018便から見た初日の出と富士山=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

ANAの初日の出フライトNH2018便から見た初日の出と富士山=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

ANAの初日の出フライトNH2018便から見た初日の出と富士山=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

ANAの初日の出フライトNH2018便から見た初日の出と富士山=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

機内食を手渡すANAの客室乗務員=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

初日の出フライトで提供された機内食=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

初日の出フライトの乗客に手渡すメッセージカードを手にするANAの客室乗務員=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

初日の出と初富士観賞を終えて羽田へ向かうNH2018便=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

羽田に到着した初日の出フライトの乗客を出迎える(右から)ANAの平子社長と志岐副社長ら=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

羽田に到着しANAの平子社長と志岐副社長らに出迎えられる初日の出フライトの乗客=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

羽田に到着した初日の出フライトの乗客を出迎える着物を着たANAの地上係員=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

ANAの初日の出フライトNH2018便の乗客に手渡された記念品や搭乗証明書=18年1月1日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

関連リンク
全日本空輸

写真特集・ANA初日の出フライト
戌年パイロットと達人CAが乗務(18年1月7日)

2018年の初日の出フライト
JAL、羽田から初日の出フライト 全員が戌年CA、歴代制服も(18年1月1日)
植木社長「機内のムードすごくいい」写真特集・JAL初日の出フライト(18年1月8日)
ソラシドエア、初の初日の出フライト 青島神社初詣ツアー(18年1月3日)
宮崎・青島神社初詣が目玉 写真特集・ソラシド初の初日の出フライト(18年1月6日)

OMOTENASHIの達人コンテスト
ANAのCA達人コンテスト、米路線チーム「こめざんまい」優勝 チームワーク光る(17年12月9日)

2017年の初日の出フライト
JAL、羽田から初日の出フライト 酉年CAが歴代制服着用(17年1月1日)
ANA、高度1万3000フィートで御来光 羽田から初日の出フライト(17年1月1日)
バニラエア、LCC初の「初日の出フライト」 房総上空で観賞(17年1月1日)
スターフライヤー、羽田で初の無料初日の出フライト 新制服CAがお出迎え(17年1月1日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post