エアライン — 2012年12月24日 14:55 JST

CAのハンドベル合図にオケと合唱団のフラッシュ・モブ JALが羽田で

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 クリスマス・イブの12月24日、日本航空(JAL、9201)は羽田空港国内線第1旅客ターミナルで、総勢158人のオーケストラと合唱団が突然イベント広場に現れてベートーベンの交響曲第9番を演奏するフラッシュ・モブと、客室乗務員有志「JALベルスター」による毎年恒例のハンドベル演奏をクリスマス・イベントとして行った。国内の航空会社によるフラッシュ・モブは今回が初めて。

客室乗務員有志「JALベルスター」による恒例のハンドベル演奏=12月24日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 今回のフラッシュ・モブは日ごろ業務で交流のある大日本印刷(DNP、7912)のオーケストラ有志とJALの社員が7月に企画。11月から週1回天王洲のJAL本社に集まり、練習を重ねてきた。突発イベントという性格上、会場でのリハーサルはほぼ不可能なため、練習の際に立ち位置を練り上げて本番に挑んだ。

 午後0時35分から始まったフラッシュ・モブは、JALベルスターによるハンドベル演奏をきっかけに、ヴァイオリンやチェロなどの弦楽器、クラリネットやファゴットなどの木管楽器、トランペットやトロンボーンなどの金管楽器と徐々に奏者が現れ、事前に用意してあったティンパニーのカバーを外してオーケストラ全員が揃った。

 第9の演奏後、会場には大きな拍手がわき起こった。その後は今年で18年目となるJALベルスターの演奏会が開かれ、入社4年目を中心とした客室乗務員9人が息の合ったハンドベルを披露し、出発前の旅行者たちを魅了した。

 同イベントでは、東日本大震災で学校や公民館の楽器が津波で流された、東北地方の子どもたちへ楽器を寄贈するための募金も行われた。今後、企業や団体からの協賛金などと合わせて東北の子どもたちに楽器を贈る。

*写真は計7枚。

徐々に会場へ集まるオーケストラ奏者と合唱団=12月24日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。