エアライン, ボーイング, 機体 — 2017年4月2日 09:57 JST

ANA、東京五輪の特別塗装機 HELLO 2020 JETが18年1月就航

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は4月1日、2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピック大会に向け、2018年に就航させる特別塗装機(ボーイング777-200型機、登録番号未定)のデザインを発表した。一般公募作品から選考した、各種目のシルエットなどを描いたデザインで、「HELLO 2020 JET」と命名した。

18年1月から運航を開始する特別塗装機「HELLO 2020 JET」の模型=17年4月1日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 デザインしたのは神戸市の松本朝陽さん(15)。ゴルフや野球、テニスなど各種目のシルエットのほか、富士山や東京タワーなど、日本の代表的な自然と建造物をデザインした。松本さんによると、日本らしさを強調したという。

 特別塗装を施す機材は国内線仕様の777で、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕直前となる2018年1月から運航を開始。2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで運航する。

 ANAは2016年10月から11月まで、機体デザインを一般公募し、786作品が集まった。ANAの選考委員が選考会を開き、応募作品から入賞5作品を選んだ。

 2017年1月、インターネット投票を開始し、5作品の中から最も多くの票を獲得した松本さんの作品を対象に選出した。インターネットでの総投票数は2万票を超え、松本さんの作品は7817票を獲得した。

 ANAは、旅客航空輸送サービスカテゴリーの東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナーを務める。

18年1月から運航を開始する特別塗装機「HELLO 2020 JET」の模型=17年4月1日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

特別塗装機「HELLO 2020 JET」の模型を披露するANAの平子裕志社長(左から4人目)と17年度の新入社員=17年4月1日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関連リンク
ANA × TOKYO2020 応援企画 機体デザインコンテスト

ANA、東京五輪向けた特別塗装機のネット投票開始 5案から大賞選ぶ(17年1月23日)
ANA、東京五輪の特別塗装機デザインコンテスト(16年10月4日)
五輪旗、羽田到着 ANAとJAL機、SKY格納庫に並ぶ(16年8月24日)
GE、777に五輪シンボル描く JALとANA共同で(16年8月24日)
ANAとJAL、2020年東京五輪公式パートナーに 森会長「両社ロゴが並ぶのは稀少」(15年6月15日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post