ボーイング, 機体 — 2017年1月5日 10:45 JST

GECAS、737 MAX 8を75機発注 GE系リース会社

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングは現地時間1月4日、ゼネラル・エレクトリック(GE)のグループ会社で航空機リースと金融を扱うGEキャピタル・アビエーション(GECAS)から737 MAX 8を75機受注したと発表した。カタログ価格で総額82億5000万ドル(約9674億円)相当にのぼる。

GECASの737 MAX 8(イメージイラスト、ボーイング提供)

 今回の契約で、GECASが発注した737 MAXは170機となり、航空機リース会社の中では最多となった。

 737 MAXは737の発展型で、CFMインターナショナルが開発した新型エンジン「LEAP-1B」を採用した。4機種で構成する737 MAXの標準型は、今回GECASが発注した737 MAX 8(標準座席数2クラス162席)。737 MAX 8をLCC向けに座席数を増やした737 MAX 200(1クラス200席)、胴体がもっとも短い737 MAX 7(2クラス138席)、最長の737 MAX 9(2クラス178席)がある。

 ボーイングは、これまでに737 MAXファミリーを3419機受注。一方、ライバルのエアバスは、A320の発展型となるA320neoの引き渡しを2016年1月から始めており、A320neoファミリーの受注は11月末時点で4819機と、737 MAXを上回っている。

 ローンチカスタマーの米サウスウエスト航空(SWA/WN)へは、737 MAX 8の量産初号機を2017年中ごろに引き渡す見通し。

関連リンク
GECAS
Boeing
ボーイング・ジャパン

ボーイング、757後継機に慎重「より大型求められている」(16年10月11日)
高い旋回性アピールした737 MAX 8 写真特集・ファンボロー2016展示飛行(2)(16年8月17日)
ボーイング、737 MAX 7設計変更で巻き返しへ 胴体伸ばし席数増やす(16年7月20日)
ボーイング、737 MAX 7設計変更 12席増、航続距離も延長(16年7月12日)
ボーイング、737 MAX納期前倒し 17年上期に(16年6月28日)
初代737から半世紀経た新型機 写真特集・737 MAX、シアトルで初飛行(16年2月2日)

【お詫びと訂正】
記事初出時に機体価格に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。(17年1月6日 18:32 JST)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.