未分類 — 2016年11月28日 20:00 JST

機内Wi-Fiも全機対応 写真特集・JALスカイネクスト最終改修機JA345J(後編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 約2年半で全77機の改修を終えた、日本航空(JAL/JL、9201)の国内線新仕様機「JAL SKY NEXT(JALスカイネクスト)」。11月25日に就航したボーイング737-800型機(登録番号JA345J)が、改修最終号機となった。

JALスカイネクストへの改修最終号機となったJA345Jのコックピット=16年11月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

JALスカイネクストへの改修最終号機となったJA345Jの機内=16年11月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 スカイネクストは、全クラスに本革シートを導入。上級席「クラスJ」は、既存シートの表面素材を布から本革に張り替え、クッションを新調することで新シートとした。一方、普通席は背もたれを従来と比べて薄くした新型シートに入れ替えた。

 座席数は2クラス165席で、クラスJが20席、普通席が145席。クラスJは左2席-右3席の1列5席、普通席は左右3席ずつの1列6席配列とした。新シートと共に機内照明をLED化し、無線LANによる機内インターネット接続サービス「スカイWi-Fi」を提供している。

 改修最終号機となったJA345Jの就航により、JAL本体が運航する国内線は、全機でスカイWi-Fiが使えるようになった。

 今回就航したJA345Jは、2012年6月7日に引き渡された機体。改修作業は那覇空港内にある、日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)の格納庫で改修した。

 本写真特集の前編に載せたクラスJや普通席の本革シートが並ぶ客室とは対象的に、今回の後編で取り上げるコックピットやギャレー(厨房設備)、ラバトリー(化粧室)には大きな変更はない。

 ギャレーは前後2カ所、ラバトリーは前方1カ所、後方2カ所の計3カ所。コックピットには液晶モニターが並び、かつての737にあった天測窓の場所はくぼみとなっている。

 JA345Jの改修後初便は、25日の那覇発羽田行きの臨時便JL996便。那覇を午前11時37分に出発し、定刻の午後1時45分に羽田へ到着した。後編ではコックピットなどのほか、出発から離陸までの様子も取り上げる。

*写真は46枚(コックピット→機体前方→機体後方→機体外観→初便出発)
*前編はこちら

コックピット

JA345Jの機長席=16年11月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

JA345Jの副操縦士席=16年11月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.