エアライン — 2023年11月15日 16:35 JST

AirJapan、2路線目は成田-ソウル 24年2月就航、ANA新ブランドで週5往復

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下のエアージャパン(AJX/NQ)は11月15日、新ブランド「AirJapan」の2路線目となる成田-ソウル(仁川)線を2024年2月22日に開設すると発表した。月曜と金曜を除く週5往復運航する。

ANAの新ブランド「AirJapan」のデザインを施した787-8のモデルプレーン=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 運航スケジュールはソウル行きNQ21便が成田を午前10時55分に出発し、午後1時30分着。成田行きNQ22便は午後2時40分にソウルを出発し、午後4時45分に到着する。機材はボーイング787-8型機(1クラス324席)で運航する。

 運賃は有料オプションを含まない「シンプル」、800円までの事前座席指定と預入手荷物23キロまでが1個のオプション2種類が含まれる「スタンダード」、1200円までの事前座席指定と預入手荷物23キロまでが2個、一部を除く機内食のオプション3種類が含まれる「セレクテッド」の3種類を設定。成田-ソウル線の片道運賃は、シンプルが8000円から、スタンダードが1万500円から、セレクテッドが1万2600円から。2歳以上6歳以下の小児運賃はそれぞれ定額で、シンプルが5000円、スタンダードが6730円、セレクテッドが8220円。燃油サーチャージは徴収しない。

 AirJapanは、FSC(フルサービス航空会社)の全日本空輸(ANA/NH)、LCC(低コスト航空会社)のピーチ・アビエーション(APJ/MM)に続くANAグループ第3のブランドで、「ハイブリッドエアライン」と位置づける。1路線目は成田-バンコク(スワンナプーム)線で、2月9日に週6往復で開設する。

 同社は東南アジアを中心とした海外発需要を今後の成長領域とし、ANAやピーチとは異なる市場をターゲットにしていくという。

運航スケジュール(2/22から)
NQ21 成田(10:55)→ソウル(13:30)運航日:火水木土日
NQ22 ソウル(14:40)→成田(16:45)運航日:火水木土日

関連リンク
エアージャパン
全日本空輸

1路線目は成田-バンコク
ANA新ブランドAirJapan、成田-バンコク24年2月就航 最安片道1.5万円(23年8月2日)
AirJapan、貨物も取り扱い 2/9初便から(23年8月10日)

機内食やサービス
AirJapan、ANAマイルや特典航空券は対象外 ラウンジや手荷物扱いも(23年8月9日)
ANA系AirJapan、CA考案の機内食は「日本」テーマ お弁当文化を訪日客に発信(23年8月2日)

シートや制服発表
AirJapanのCA制服、”結び”と”重ね”で日本らしさ表現(23年3月10日)
ANA新ブランドAirJapan、くつろぎの足もと広めエコノミー 24年2月東南アジア就航(23年3月9日)
AirJapan、初号機はJA803Aに 全6機がANA機改修(23年3月9日)

AirJapan
ANA新ブランド「快適性」と「訪日客」が焦点 特集・LCCじゃないAirJapan”いいとこ取り”(22年3月9日)
ANA第3ブランド「AirJapan」787でフルサービスとLCC“良いところ取り”23年度下期就航へ(22年3月8日)
ANA第3ブランド、コロナで就航後ろ倒し 芝田HD新社長「リゾートに限定する必要ない」(22年2月10日)
ANA、787で中距離国際線LCC新設 アジア豪州方面、エアージャパン母体で22年度就航へ(20年10月27日)

ANA中期計画
ANA、787を2030年度100機超 非航空の収益力強化=新中期経営戦略(23年2月15日)