エアライン — 2022年9月22日 12:25 JST

JAL、年末年始のハワイ増便 成田-フランクフルトは1日1往復に

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は9月22日、欧州や東アジア、ハワイなど一部国際線の運航計画を発表した。冬ダイヤ期初の10月30日から2023年1月末までが対象で、成田-フランクフルト線を12月から1日1往復(週7往復)に増便する。また関西・中部-ホノルル線の増便など、年末年始のハワイ路線の拡充も図る。

年末年始のハワイ路線を増便するJAL=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 成田-フランクフルト線は10月30日から11月30日まで、火曜と木曜を除く週5往復を継続。12月1日から1日1往復に増便する。1日2往復を計画している羽田-ロンドン線は、JL41/42便を1月14日まで週4往復運航。もう1往復のJL43/44便は1日1往復を継続する。

 ハワイ路線のうち、成田-コナ線は12月20日から1月9日までの期間中に9往復運航。関西・中部-ホノルルの2路線は運航中の週1往復ずつのほか、年末年始の一部日程で増便する。関西線は12月13日から1月11日までの期間中に7往復、中部線は12月12日から1月10日までの期間中に9往復追加する。

 羽田-ホノルル線は1日2往復を継続する。成田-ホノルル線は1日1往復のJL784/783便のほか、週1往復のJL8786/8785便を運航。JL8786/8785便は一部日程で増便する。

 羽田-香港線は現在、往路は羽田発香港行き、復路を香港発成田行きとして運航している。10月31日からは復路の香港発羽田行きを再開。水曜と日曜を除く週5往復運航する。

関連リンク
日本航空
運休・機内や空港での対応状況・各国の入国制限情報(JAL)

JAL国際線
JAL、羽田-シカゴ・デリー増便 成田-ジャカルタは1日2往復に=冬ダイヤ(22年9月8日)
入国時の陰性証明不要に、水際緩和スタート JAL国際線は予約順調(22年9月7日)
JAL、羽田-シドニー10月から毎日運航 上海→成田は旅客再開(22年8月9日)

JAL国内線
JAL、羽田→九州で燃費改善 高度や速度工夫=冬ダイヤ国内線(22年8月23日)
JAL、国内線ファーストクラス羽田-広島・鹿児島に拡大 10月から(22年8月23日)

ANA国際線
ANA、羽田-香港10月末再開 台北増便、1日1往復に(22年9月21日)
ANA、A380でホノルル週3往復 10月増便、羽田は毎日運航(22年9月6日)
ANA、羽田-シカゴ10月再開 個室タイプの新仕様777投入=冬ダイヤ国際線計画(22年8月30日)

【お知らせ】
成田-コナ線の日程をアップデートしました。(22年9月22日 21:54 JST)