企業, 空港 — 2022年9月1日 17:15 JST

羽田空港、ラーメン自販機に一風堂コラボ とんこつなど2品

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 羽田空港のターミナルを運営する日本空港ビルデング(9706)は9月1日、第2ターミナルに設置しているラーメンの自動販売機で、人気ラーメン店「博多一風堂」とコラボレーションした新メニューの販売を始めた。

「一風堂 博多とんこつラーメン」(日本空港ビルの資料から)

 ラーメン自販機は、第2ターミナル1階「24時間自販機レストラン」内に設置。新たに提供するのは、「一風堂 博多とんこつラーメン」と、植物性の食材のみを使用した「IPPUDO プラントベース(豚骨風)ラーメン」の2品。価格はいずれも1杯980円で、クレジットカード(VISA、Mastercard)と交通系ICカード、電子マネー(nanaco、楽天Edy)で決済できる。

 ラーメン自販機は、米国スタートアップ企業Yo-Kai(ヨーカイ)が開発。今年3月23日から販売を始めた。注文から約90秒で熱々のラーメンが食べられる。

「IPPUDO プラントベース(豚骨風)ラーメン」(日本空港ビルの資料から)

関連リンク
羽田空港

お湯切れ対策がヒットの近道? 続・羽田空港ラーメン自販機「Yo-Kai Express」実食記 とんこつ編(22年4月7日)
羽田空港の新登場ラーメン自販機、みそラーメンを食べてみた 米Yo-Kai Expressが日本上陸(22年3月24日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post