エアライン — 2022年5月13日 17:30 JST

スターフライヤー、6月もA320シミュレーター体験

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は5月13日、エアバスA320型機のフルフライトシミュレーター体験「FFS Dream Flight」の6月分の販売を開始すると発表した。同社のパイロットが訓練で使用しているものを体験でき、先着順で受け付ける。

スターフライヤーのフルフライトシミュレーター(同社提供)

 体験できる日は6月2日から4日までと、6日の計4日間。各日とも1日2組利用できる。時間は日により異なる。5月16日午前10時から特設サイトで受け付け、23日午後5時まで販売する。

 同社のマイレージ会員制度「スターリンク」に入会していることが条件で、料金は「Basicランディングコース」が税込13万円、「Advancedランディングコース」と「Airlineオペレーションコース」が各15万円。また、1人2万円を支払うと最大2人まで同乗できる。

 北九州空港にあるスターフライヤーの自社訓練施設「SFJトレーニングセンター」で実施。シミュレーターは国土交通省航空局(JCAB)の認定で最高位の「レベルD」で、同社のパイロットが訓練で使用しているものを使う。パイロットや客室乗務員と出発前後に行う「ブリーフィング」にも参加し、一部コースでは本物の制服を着用する。フライト後のブリーフィングでは、現役パイロットと同じくシミュレーターに設置されたビデオで内容を振り返る。

 スターフライヤーのフルフライトシミュレーター体験は、昨年3月にスタート。初回は6人の募集枠に対し600人以上が応募し、100倍以上の倍率になった。

関連リンク
操縦シミュレーション FFS Dream Flight(スターフライヤー)
スターフライヤー

「一歩先を追い求める人に入社して欲しい」スターフライヤー機長が求める人物像(21年8月19日)
スターフライヤー、顧客満足1位に返り咲き JCSI調査、スカイマーク退ける(21年11月2日)
スターフライヤー、シミュレーター体験再び 前回は倍率100倍超、600人以上応募(21年4月27日)
スターフライヤー、“本物の”シミュレーター体験 制服も着用、3月に6人限定(21年2月18日)