ボーイング, 機体, 空港 — 2022年3月30日 14:00 JST

中部空港FLIGHT OF DREAMS、VRで内部公開 787実機、自宅から4K画質で

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 中部空港(セントレア)を運営する中部国際空港会社は3月30日、複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」の内部をVR(仮想現実)技術を活用し、ウェブサイトでの公開を開始した。展示しているボーイング787型機の実機などを、自宅などの遠隔地から4K画質で360度体感できるようになる。

VR技術で内部を公開したFLIGHT OF DREAMS(同サイトから)

 公開するのは、展示している787-8の飛行試験初号機「ZA001」(登録記号N787BA)を含む1階エリア「Flight Park(フライトパーク)」と、飲食や物販などの店舗が入居する2階と3階の商業エリア「Seattle Terrace(シアトルテラス)」。VR画像は4K画質で、Googleストリートビュー事業を展開するZEROBASE(名古屋市)が、米Matterport(マーターポート)の3Dデジタルモデル技術「デジタルツイン」を活用した撮影サービス「mireva VR」で制作した。

 2018年10月12日にオープンしたFLIGHT OF DREAMSは、2019年8月30日に開業した愛知県国際展示場と、同年9月20日に供用を開始したLCC専用の第2ターミナル(T2)の中間に位置。787-8の飛行試験初号機を中心に、体験型コンテンツを提供する展示エリア「フライトパーク」と、飲食や物販などの店舗が入居する商業エリア「シアトルテラス」で構成する。

 フライトパークはオープン当初、入場料が必要な有料エリアだったが、2021年12月23日のリニューアルで一部の一部の遊具を除き、無料で開放している。また刷新前は照明を落とした暗めの雰囲気だった館内を、リニューアル後は照明を点灯し明るく変更。「気軽さ」を軸とし、近隣から訪れる地元客の誘客強化を図っている。

VR技術で内部を公開したFLIGHT OF DREAMS(同サイトから)

関連リンク
VR フライト・オブ・ドリームズ
FLIGHT OF DREAMS(中部国際空港)

リニューアルで明るい館内に
中部空港FLIGHT OF DREAMS、「気軽さ」軸に刷新 地元客強化、家族連れでにぎわう(21年12月23日)
中部空港FLIGHT OF DREAMS、787真横に大型遊具 知育コンテンツも用意(21年12月13日)
中部空港FLIGHT OF DREAMS、12/23に展示エリア再開 無料で明るい館内、地元客の誘客強化(21年10月28日)
中部空港FLIGHT OF DREAMS、有料エリア刷新 3月末で体験コンテンツ終了、商業エリア継続(21年2月22日)

営業再開でウイルス対策
FLIGHT OF DREAMS、営業再開 中部787展示施設、スタバなど一部飲食店も(20年6月12日)
中部空港FLIGHT OF DREAMS、ウイルス対策公開 12日に営業再開(20年6月10日)

オープン1周年で新コンテンツ
中部空港FLIGHT OF DREAMS、累計来場160万人 オープン1周年、新コンテンツも(19年10月10日)

18年10月オープン
中部787施設「Flight of Dreams」オープン 一番乗りは前日夜(18年10月12日)

特集・中部787施設Flight of Dreams
商業エリア編 翼の下で食事できる スタバなど16店舗、シアトル再現(18年10月11日)
展示エリア編 9種類の体験型コンテンツ、コックピットも(18年10月11日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post