企業 — 2021年11月25日 13:00 JST

ANA系avatarin、ドバイ万博で海外初アバター 日本館に設置、ミニチュア作品見学

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)が出資するavatarin(アバターイン、東京・中央区)は11月24日、遠隔操作ロボットを使った瞬間移動サービス「avatarin(アバターイン)」をドバイ万博(Expo 2020 Dubai)で活用すると発表した。日本政府が出展し、ANAHDが協賛する日本館に遠隔操作ロボット「newme(ニューミー)」を設置し、館内を歩き回る。newmeを海外に設置するのは初めての試みで、今後の海外展開につなげたい考え。

avatarinがnewmeを設置するドバイ万博日本館Scene3(同社資料から)

 現地時間12月9日から15日まで、ドバイ万博日本館Scene3にnewmeを設置。日本館Scene3ではミニチュア作品作家の田中達也氏が制作した128点を展示し、newmeを通してナビゲーターと話をしながら動き回り、展示物を見学できる。

 体験時間は1回30分で、開館前は現地時間午前6時から午前8時(日本時間午前11時から午後1時)まで、開館中は午前10時30分から午後3時(午後3時30分から午後8時)まで利用できる。料金は無料。専用ページから体験10分前までに予約する。ANAマイレージクラブ(AMC)会員の予約は24日から開始しており、一般の予約は12月1日から受け付ける。

 avatarinによると、館内照明が常時点灯しているため開館前の時間帯が作品鑑賞に適しているという。開館中は演出により点灯と消灯を繰り返すため、消灯時はナビゲーターがフリップなどで補足説明する。

 ANAHDは航空事業に次ぐノンエア(非航空)事業の柱の一つとして、アバター事業を2018年4月にスタート。newmeは2019年10月にお披露目され、アバターを事業化するavatarin社は2020年4月に設立された。今年7月には、性能を向上させた新型newmeがお披露目された。

 ドバイ万博は2020年10月20日から今年4月10日まで開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により開催を1年延期。10月1日から2022年3月31日まで開催されている。中東では初の万博開催となり、期間中は約2500万人の来場を見込む。

関連リンク
avatarin
Expo 2020 Dubai
2020年ドバイ国際博覧会日本館

avatarin
ANA系avatarin、閉館後の沖縄美ら海水族館に“瞬間移動” 案内なしで館内巡る(21年11月22日)
ANA系avatarin、瞬間移動サービスのベータ版 沖縄美ら海水族館など”移動先”追加(21年10月25日)
ANA系avatarin、遠隔操作ロボnewmeで”瞬間移動” 大分で新型量産化(21年7月16日)
ANA、仮想空間で旅行や買い物 「SKY WHALE」開発、25年度に3000億円目指す(21年5月21日)
大田区とANA系avatarin、DX推進で協定締結 行政や医療にアバター活用(20年12月15日)
宇宙ステーション「きぼう」のアバター、虎ノ門ヒルズから遠隔操作 ANAとJAXAが体験会(20年11月22日)
ドローンとアバターで離島の遠隔診療検証 ANAら、五島で実証実験(20年11月8日)
ANA、アバター事業会社「avatarin」設立(20年4月2日)
ANAと三越伊勢丹、アバターで自宅から美術展観賞 日比野克彦展(20年3月25日)
レクサスとANA、アバター使い東京から福岡の自動車工場”見学” 小学生が体験(20年1月28日)
ANAと三越伊勢丹、日本橋にアバター店舗「avatar-in store」開業 遠隔地からデパート”来店”(19年12月5日)
ANAHD、遠隔交流アバター「newme」 片野坂社長「加速度的に増える」(19年10月16日)
ANA、アバター事業始動 遠隔操作で接客、釣りや素潜り体験も(18年4月9日)

ドバイ万博
エミレーツ航空、ドバイ滞在1分で1マイル 万博と建国50周年で(21年8月13日)
エミレーツ航空、ドバイ万博PRのデザイン機 A380と777、40機に導入完了(19年4月11日)