エアライン, ボーイング, 機体 — 2020年11月19日 09:35 JST

エア・ドゥ初の女性パイロット誕生 地元・北海道へ初フライト

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エア・ドゥ(ADO/HD)では初となる女性副操縦士が誕生した。11月18日、羽田空港内の同社東京オフィスで辞令が交付された星奈津美さんは北海道生まれ北海道育ちで、2019年1月に入社。地上での研修を経て、同年11月から副操縦士任用訓練を受けていた。

副操縦士に昇格し佐野機長とともに羽田空港内のオフィスから初フライトに向かう星さん=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

 星さんは1993年北海道生まれ。北海道大学理学部を卒業後、航空大学校飛行機操縦課に入学。事業用操縦士の資格を取得して2018年11月に卒業後、2019年1月にエア・ドゥに運航乗務員訓練生として入社した。当初は運航関連の間接業務などの地上研修を受け、同年11月から副操縦士任用訓練を始めた。今年6月には下地島空港で実機訓練を受け、8月からは路線訓練に移行、11月12日に副操縦士任用審査に合格した。

 エア・ドゥの龍神恒夫運航本部長から副操縦士の辞令を受けた星さんは、「今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響もありましたが、いろいろな方々に応援していただいたのは訓練の励みになりました。北海道は雪の影響を受けやすく、運航に関しては過酷な環境。飛行機が必要な地域なので、毎日の1便1便を確実に運航できるよう、技量を磨いていきたいと思います」と、今後の意気込みを語った。

 星さんはパイロットを目指した動機として、「高いところから景色を眺めるのが幼い頃から好きでしたが、現実的に考えるようになったのは大学4年のとき。気象を専攻していたので、その知識がパイロットにも役立つのではと思い、航空大学校に進みました。北海道出身なので、パイロットになるならば地元を飛びたいという思いがあり、エア・ドゥを志望しました」と語った。

 「航空大学校での訓練中は、想像以上に飛行機は気象の影響を受けるということを実感しました。気象の影響で予定の訓練に進めず、苦労したこともありました。一方で、帯広、仙台、宮崎で訓練を受けましたが、訓練中は飛行高度も低いので、景色の良さが印象に残っています」と、航空大学校時代を振り返った。

エア・ドゥ初の女性副操縦士となった星奈津美さん=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

 18日午後0時30分に副操縦士の発令を受け、星さんは羽田-札幌(新千歳)線のHD25/28便の1往復に乗務した(ボーイング737-700型機、登録番号JA16AN)。初フライトとなったHD25便は乗客61人(幼児2人含む)を乗せて、定刻より20分遅れとなる午後2時10分に羽田空港を出発、新千歳空港に午後3時37分に到着した。折り返しとなるHD28便は乗客80人(幼児1人含む)を乗せ、午後4時10分に新千歳空港を出発し、午後5時46分に羽田空港へ到着した。

 羽田到着後、星さんは「無事に初フライトを終えて安心しました。緊張もあり、管制官とのやり取りに手間取ってしまったのは反省点です。自己採点としては50点でしょうか」と、感想を語った。

 往復とも機長としてペアを組んだ佐野浩樹乗員部長は、「採用の時から見てきましたが、勉強熱心であり、4人いる同期の中で最も早く副操縦士に昇格しました。今日は出発時に若干の機材トラブルがあったが、冷静に対処できていたと思います。褒めるわけではないが、初フライトとしては95点を与えられると思う」と、門出を喜んだ。

 11月現在、エア・ドゥには機長資格保有者が55人(767:25人/737:30人)、副操縦士が56人(767:25人/737:31人の計111人が在籍。訓練生は18人おり、うち1人が女性となっている。

*写真は14枚。

エア・ドゥの東京オフィスで龍神運航本部長(左)から副操縦士の辞令を受け取る星さん=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

羽田空港内の東京オフィスで辞令を受け取る星さんを見守る同僚=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

エア・ドゥ初の女性副操縦士となった星奈津美さん=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

エア・ドゥ初の女性副操縦士となった星奈津美さんの門出を祝う東京オフィスの装飾=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

初フライトとなるHD25/28便でペアを組む佐野機長(左)とともに運航管理者(右)とブリーフィングする星さん=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

オフィスから佐野機長とともに機体へ向かう星さん=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

副操縦士に昇格した星さんの初フライトとなった羽田発札幌行きHD25便=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

副操縦士に昇格した星さんの初フライトとなった羽田発札幌行きHD25便=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

札幌から羽田に到着する初フライト復路のHD28便=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

佐野機長とともに初フライトを終え羽田空港内の東京オフィスへ戻る星さん=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

羽田空港内の東京オフィスで佐野機長(左)とデブリーフィングを行う星さん=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

エア・ドゥ初の女性副操縦士となった星さん(右)の初フライトを見守った乗員部長の佐野機長=20年11月18日 PHOTO: Takayuki MURATA/Aviation Wire

関連リンク
エア・ドゥ

エア・ドゥ、乗降ドアにロゴ掲出で道内観光支援 全14機、官民で「北海道ラブ」(20年9月4日)