エアライン — 2020年4月7日 22:23 JST

スターフライヤー、新社長に白水氏 ANA出身

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 北九州空港に本社を置くスターフライヤー(SFJ/7G、9206)は4月7日、松石禎己社長(67)が6月25日開催の定時株主総会で退任し、ANAスカイビルサービス社長などを務めた全日本空輸(ANA/NH)出身の白水政治(しろうず・まさはる)氏(63)が就任すると発表した。松石社長は退任後、顧問に就く予定。

スターフライヤーの新社長に就任する白水氏(当時はANAセールス社長)=14年9月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 白水氏は1980年4月にANAに入社し、大阪支店長や営業センター長兼ANAセールス社長を務めた後、ANAスカイビルサービスの社長と会長を歴任し、現在は同社顧問を務めている。

 スターフライヤーの筆頭株主は、ANAなどを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)で、持ち株比率は17.96%。ANAHDは持ち株会社制へ移行前の2012年12月に、当時筆頭株主だった外資系ファンドから株式を取得して筆頭株主に就いた。

 松石社長もANA出身で、2014年6月25日に就任。ANA出身者の社長就任は、松石氏に続いて2人目となる。

関連リンク
スターフライヤー

スターフライヤー、41億円借入 運転資金に(20年3月25日)
スターフライヤー、国際線運休4月末まで継続 台北2路線(20年3月25日)
スターフライヤー、松石新社長就任(14年6月25日)
スターフライヤー、14年3月期の純損失30億円 今期は黒字転換へ(14年5月12日)
スターフライヤー、米原社長辞任 後任に全日空OB松石氏(14年2月28日)
揺れるスターフライヤー、社長交代だけで解決するのか(14年2月21日)
全日空、スターフライヤーの筆頭株主に 持ち株比率18%(12年12月14日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post