エアライン, ボーイング, 機体, 空港 — 2019年9月29日 23:00 JST

ANA、福岡で737-500感謝祭 20年春退役前に家族連れでにぎわう

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)などを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は9月28日、2020年春に退役するボーイング737-500型機「スーパードルフィン」のファン感謝祭を福岡空港で開いた。退役記念イベントの第1弾で、牽引される機体に乗って滑走路を横断する搭乗体験などが行われた。

福岡空港でANAウイングスのスーパードルフィン737-500に搭乗するファン感謝祭の参加者=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
25機導入し残り4機
愛されたイルカマーク
乗客と距離が近い飛行機

25機導入し残り4機

 737-500は1995年7月就航。25機導入したが現在残っているのは4機で、ANAHD傘下で地方路線を担うANAウイングス(AKX/EH)が運航している。座席数は1クラス126席で、2020年春に全機が退役を予定している。

福岡空港で開かれたANAウイングスの737-500ファン感謝祭=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ドルフィンが描かれた737-500を見学するファン感謝祭の参加者=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 愛称のスーパードルフィンは、導入当時のエアーニッポン(ANK/EL、現ANA)が社内公募を行い、1408点の中から選ばれた。機体がイルカに似ていることや、小回りが利いてスピード感があること、元気で親しみやすいことなどの理由で命名されたという。

 客室は当時の機体の中では大きなオーバーヘッドビン(手荷物収納棚)を備えているのが特徴。エンジンはCFMインターナショナル製CFM56-3を採用した。従来よりも大型化したため、正面から見るとエンジンカウルの下部が平たく見える「おにぎり型」なのが特徴になっている。

愛されたイルカマーク

 28日のイベントでは、737-500のセミナーや機内見学、機体撮影会が開かれ、福岡空港近くのアクシオン福岡で開かれたセミナーでは、パイロットや整備士、地上係員が737-500の解説や、機体にまつわるエピソードを披露した。

ドルフィンのぬいぐるみを手にファン感謝祭参加者を出迎えるANAウイングスの客室乗務員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 パイロットからは、「737は、737-200、737-500、(737-700や737-800)の737NG(次世代737)、737 MAXと世代でみると4世代なので約50年の歴史があります」と、長寿のシリーズであることにふれた。1964年5月に就航した727-100による幹線ジェット化に次いで、滑走路長1500メートルでも就航できる737-200の導入(69年6月就航)により、ANAの地方路線がジェット化された歴史を説明した。

 737-200の設計思想を引き継いだ737-500は、エンジンが新しくなったことで推力が大きくなり、飛行高度が737-200の3万5000フィート(約10.6キロ)から3万7000フィート(約11.2キロ)と高くなることで、より揺れにくい高度を飛べるようになったという。コックピットも、地上援助施設を利用する方式が737-500ではデジタル化による自動航法となり、パイロットの役割も計器が示す自機の位置のズレをモニターすることに変わっていったと話した。

 また、25機のうち自社購入機とリース会社などから調達したリース機は仕様が異なることから、購入機を「オリジナル機」、リース機をオペレーティングリースにちなみ「オペリー機」と社内では呼び分けているという。ANK時代には、737-400も「アイランドドルフィン」として2機導入され、対馬や福江に乗り入れていた。

福岡空港を出発するANAウイングスの737-500=19年9月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 737-500は離島路線にも多く投入されたことから、乗客がタラップを降り、機体のそばで記念撮影する光景もよくみられたという。整備士は「イルカの前で記念撮影光景をよく目にしました」と話し、エンジンカウルに描かれたイルカをきれいにするように心掛けていたそうだ。

 福岡空港が運航の拠点だった737-500に対して、地上係員からは「整備していた整備士さんがドルフィンをなでていたところを見かけ、同僚が社内で良い仕事をした人をたたえる『グッドジョブカード』で投稿したところ表彰されました。(737-500が乗り入れていた)かつての第1ターミナルは生活路線なので和んだ雰囲気で、客室乗務員も顔見知りになる人が多かったです」と、ターミナル改修前の福岡空港でみられた、737-500全盛期のアットホームな雰囲気を懐かしんでいた。

乗客と距離が近い飛行機

 今回のイベントには50人の定員に対し930組の応募があり、26組が招待された。ANAによると、福岡在住の人が約8割だったといい、地元で活躍する飛行機を一目見ようと応募した家族連れが目立った。

トーイングツアーで福岡空港の滑走路を横断するANAウイングスの737-500=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 セミナー終了後は空港へ戻り、トーイングカー(牽引車)にけん引された737-500に乗って滑走路を横断する「トーイングツアー」が開かれた。現在残っている737-500は、登録記号JA8595、JA305K、JA306K、JA307Kの4機で、ツアーにはJA305Kが使用された。

 「このJA305Kは、1998年9月21日よりANAで運航を開始した。約21年間で総飛行時間は4万6693時間、総着陸回数は4万7561回」と。トーイング中の機内では機長による機体説明が行われた。

 「私が初めて737-500を操縦したのは約10年前に副操縦士になる訓練で、下地島空港でのタッチアンドゴー訓練でした。福江空港では、先生を見送る生徒たちの姿を見ましたが、着陸は難しいけれどお客さんと近く感じられるのが本当に良かった。離着陸が多いことはパイロットの技術向上につながり、私を育ててくれた兄貴分です」と、飛行時間が短い分、離着陸回数が多い路線を主体に飛んでいることにふれた。

旧石垣空港最終日に離陸するANAウイングスの737-500=13年3月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 「旧石垣空港は、ジェット機が就航する空港では滑走路が一番短い1500メートル。福岡の約半分の距離で離着陸していました。旧石垣は737-500でも性能に余裕はなく、離陸時は停止したままエンジンの推力を100%にしてブレーキを離すロケットのような離陸で、短い滑走路の運用を学ばせてもらいました」と、急ブレーキと急加速が求められた旧石垣空港の思い出を披露した。現在就航している中で滑走路が一番短いのは、北海道の利尻空港で1800メートルだという。

 トーイングツアー後は機内外の見学会が開かれた。機内では、コックピット見学、中央の非常口付近でのドルフィンのぬいぐるみとの撮影会、後方ギャレー見学とジャンプシートに座っての機内アナウンス体験と、3つのイベントが行われた。また、前方と後方にある貨物室見学や、ドルフィンが描かれたカウルを開いたエンジンの見学も行われ、子供たちが興味深く見入っていた。

 今回の感謝祭に使用されたJA305Kは、ANAHDが13.61%出資するエア・ドゥ(ADO/HD)へリースされていた経歴を持ち、特別塗装機「ベア・ドゥ ドリーム号」として2011年3月24日から2014年11月30日まで運航された。その後ANAHDへ返却され、ANAANAウイングスの機材として活躍している。

 ANAでは今後も、2020年の退役に向けて記念イベントを開く予定だという。

*写真は46枚。
*機内の写真特集はこちら

ドルフィンが描かれた737-500と記念撮影するファン感謝祭の参加者とANAグループ社員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500のセミナーが開かれるアクシオン福岡に到着するファン感謝祭の参加者=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500のセミナーが開かれるアクシオン福岡に到着するファン感謝祭の参加者を出迎えるANAの地上係員やパイロットら=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500のセミナーが開かれるアクシオン福岡でファン感謝祭の参加者を出迎えるANAウイングスのパイロットらANAグループ社員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡で737-500ファン感謝祭を開いたANAウイングスのパイロットら=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500ファン感謝祭の参加者に手渡されたお土産=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファン感謝祭であいさつするANAANAウイングスの衛藤勇社長=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファン感謝祭で737-500のエピソードを話すANAウイングスの機長=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファン感謝祭で737-500のエピソードを話すANAグループの整備士=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファン感謝祭で737-500のエピソードを話す福岡空港のANA地上係員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港でスーパードルフィン737-500に搭乗するファン感謝祭の参加者を出迎える客室乗務員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港でスーパードルフィン737-500に搭乗するファン感謝祭の参加者を出迎える客室乗務員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

スーパードルフィン737-500のシート=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファン感謝祭で737-500の冷風口をさわる男の子=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

パイロットの帽子をかぶり737-500のファン感謝祭に参加する男の子=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

トーイングツアー出発前に非常口を案内するANAウイングスの客室乗務員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

トーイングツアーで福岡空港の滑走路を横断するANAの737-500=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

トーイングツアーで福岡空港の滑走路を横断するANAウイングスの737-500=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

トーイングツアーで福岡空港の滑走路を横断するANAウイングスの737-500の機内=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500ファン感謝祭の参加者を出迎えるANAグループ社員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500ファン感謝祭の参加者を出迎えるANAグループ社員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港でANAの737-500を見学するファン感謝祭の参加者=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で開かれたANAの737-500ファン感謝祭=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で開かれたANAの737-500ファン感謝祭=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で開かれたANAの737-500ファン感謝祭で貨物室を見学する参加者=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で開かれたANAの737-500ファン感謝祭でエンジンを見学する参加者=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファン感謝祭でドルフィンが描かれたエンジンカウルを開けたANAウイングスの737-500=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファン感謝祭でドルフィンが描かれたエンジンカウルを開けたANAウイングスの737-500=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ファン感謝祭でドルフィンが描かれたエンジンカウルを開けたANAウイングスの737-500=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港で開かれた737-500ファン感謝祭に使用されたJA305K=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

福岡空港でANAの737-500を見学するファン感謝祭の参加者=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500のコックピットでANAウイングスの機長と写真に収まるファン感謝祭に参加した親子連れ=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500の客室でドルフィンのぬいぐるみを手にANAウイングスの副操縦士や客室乗務員と写真に収まる親子連れ=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500の客室でジャンプシートや機内アナウンスを体験する女の子=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500ファン感謝祭の参加者とANAグループ社員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500ファン感謝祭の参加者が乗ったバスを見送るANAグループ社員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

737-500ファン感謝祭の参加者が乗ったバスを見送るANAグループ社員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAグループ社員に見送られ737-500ファン感謝祭の会場を離れる参加者が乗ったバス=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ドルフィンが描かれた737-500のエンジン前に並ぶANAウイングスのパイロットと客室乗務員=19年9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
ボーイング737-500型機 「スーパードルフィン」の退役に向けて~第1弾は退役記念ファン感謝祭~
全日本空輸
ANAウイングス

写真特集・ANA 737-500スーパードルフィン福岡公開
機内編 アナログ計器やシート灰皿跡が四半世紀物語る(19年9月30日)

ANAの737-500関連
なぜA220は中部でデモフライトを実施したのか 特集・日本の100-150席市場を考える(19年8月14日)
ANA、バッテリーで動く牽引車の実証実験 リモコン操作で737移動(18年10月15日)
ANA、福岡-宮古を20年ぶり再開 季節便でスタート、通年化視野に(18年6月1日)
ANA、退役機を整備訓練機材に 737-500転用(18年5月11日)
エア・ドゥ、特別塗装機ドリーム号が退役 63万人運ぶ(14年11月30日)

特集・さよならANAビジネスジェット
前編 40席の贅沢仕様737-700ER(16年3月30日)
後編 窓付きトイレの贅沢仕様737-700ER(16年4月8日)