エアライン, 空港 — 2019年9月13日 22:40 JST

ANA、成田国際線で自動手荷物預け機 17日から

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は、成田空港に導入された自動手荷物預け機の運用を9月17日から始める。場所は第1ターミナル南ウイングDゾーンで、当初は10台が稼働し年内に10台を追加稼働させる。

成田空港会社が設置した自動手荷物預け機によるサービスを開始するANA(同社提供)

 今回サービスを開始するのは国際線で、空港を運営する成田国際空港会社(NAA)が設置した自動手荷物預け機を使う。ANAは、国内線では2015年7月から自社の自動手荷物預け機「ANAバゲージドロップ(ABD=ANA Baggage Drop)」を羽田空港などに導入しており、手荷物を預ける人が多い国際線でも利用できるようにすることで、待ち時間短縮を目指す。

 設置場所は、南ウイングDゾーンのEゾーン側の10台が最初に稼働。その後、年内にCゾーン側の10台も稼働させる。運用開始時の対象路線は、ANAが運航する米国路線を除く国際線で、年内に米国路線もサービス開始を目指す。

 自動手荷物預け機の対応言語は日本語のほか、英語と中国語(簡体字・繁体字)、韓国語。17日は午前9時30分からサービスを開始する。

関連リンク
全日本空輸
成田国際空港

ANAのADB
ANA、伊丹空港に専用保安検査場付きカウンター 今年度内にラウンジ直結(19年9月2日)
ANA、福岡空港カウンター刷新 自動手荷物預け機稼働(18年6月28日)
ANA、新千歳空港カウンター刷新 自動手荷物預け機で混雑緩和へ(17年11月8日)
ANA、羽田に自動手荷物預け機導入 待ち時間とコスト削減(15年7月1日)

成田の自動手荷物預け機
成田空港、自動手荷物預け機4台 日本国際線で初導入、KLMなど4社30日から(17年3月28日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: