ボーイング, 機体, 需要, 需要予測 — 2019年6月24日 06:00 JST

ボーイング、38年までに4万4040機の新造機需要 前年比3%増

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングは、2019年から2038年までの20年間の新造機需要について、機数ベースで4万4040機(前年予測から3.1%増)、金額ベースでは6兆8000億ドル(約730兆円、同7.9%増)にのぼるとパリ航空ショーで発表した。

 新造機需要のうち、44%は既存機の置き換え需要によるもので、残りは旅客増への対応。旅客数は平均4.6%、貨物輸送量は同4.2%の増加を見込んでいる。

 また、2028年までの今後10年間については、航空宇宙・防衛市場は8兆7000億ドル規模(7.4%増)になる見通し。このうち、民間航空機需要は3兆1000億ドル、防衛・宇宙市場は2兆5000億ドル、民間機・防衛・宇宙各分野のサービス市場は3兆1000億ドルの規模になると予測した。

—記事の概要—
航空機総数は初の5万機突破
アジア太平洋は1万7千機超
サービス市場も成長

航空機総数は初の5万機突破

 既存機に新造機を加えた世界の航空機総数は、今後20年間で


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり3記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料個人会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月3本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録は、こちらからお問い合わせください。
* 法人の会員登録は有料のみです。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。