MRJ, 企業, 機体 — 2016年3月7日 21:45 JST

三菱航空機、米国にMRJ飛行試験施設 16年4月1日付機構改革

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 リージョナルジェット機「MRJ」を開発中の三菱航空機は3月7日、機構改革を実施すると発表した。4月1日付で米国に飛行試験施設を新設し、年内をめどに米国内で開始する飛行試験に備える。また、同日付で役員人事を発令する。

日米3拠点体制で開発を進めるMRJ=15年11月11日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 品質保証部門では、品質保証本部を廃止し、新設する飛行安全推進室と品質保証統括室に機能を分離する。品質保証業務を試験と機体に分離することで、最適運営体制を確立する。

 技術部門では、子会社の米国三菱航空機傘下に「モーゼスレイクフライトテストセンター」(米・ワシントン州)を新設。ワシントン州・シアトルの開発拠点「シアトル・エンジニアリング・センター」(SEC)とあわせ、日米3拠点体制を構築する。

 また、技術本部から開発保証本部を分離させ、新設する型式証明統括室に統合。機体統合や重量管理などを担う第1設計部を、新設するMRJ70推進室と機体設計部、装備設計部に機能を分離する。地上試験や飛行試験などを担う試験管理室を技術本部から分離し、社長直轄とする。

 コーポレート部門では、コーポレート本部を廃止し、新設する経営企画室に機能を移管。人事やIT、経理、広報部門は三菱重工業(7011)のシェアドサービスを活用する。三菱航空機と三菱重工で重複している業務内容を一本化することで、業務の効率化を図り、現在のスタッフは三菱重工に移籍する。

 4月1日付の役員人事異動は下記の通り(新職・現職・氏名の順で、氏名は敬称略)。


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post