エアライン, 解説・コラム — 2016年1月6日 12:50 JST

段ボール製チェックイン機導入のピーチ、設置費用「2万円だけ」

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 航空各社による年末年始の利用実績が、1月5日に出揃った。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は円安で海外発の需要が好調だった。4回目の年越しを迎えたLCCも、ロードファクター(座席利用率、L/F)がおおむね8割以上と、利用が定着してきたようだ。

 2012年3月、国内初のLCCとして就航したピーチ・アビエーション(APJ/MM)も、提供座席数の増加に比例して旅客数も伸び、国際線のL/Fは91.5%(1.9ポイント低下)、国内線も89.3%(2.0ポイント低下)と前年を下回りながらも、国内の航空会社ではトップレベルの実績を残した。

 一方で拠点とする関西空港では、利用者の増加が著しい。利用者が増えればチェックインに掛かる時間が、遅延など運航品質の低下に結びついてくる。

段ボール製チェックイン機を開発したピーチの前野部長=15年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 利用者のチェックイン時間を少しでも短くし、空港旅客係員が誘導などに費やす時間も削減できないか──。こうした視点から昨年10月、ピーチは関空の国際線用チェックイン機5台を、外装が段ボール製の新型機に更新した。稼働状況を見極め、12月には国内線用にも10台導入している。

 「従来のチェックイン機は、2012年の就航前にバタバタしながら作りました。愛着がないわけではないけれど、3年間で蓄積したノウハウを生かし、本気で作ったらどうなるか、やってみたかったんです」。“段ボール製チェックイン機”の生みの親、ピーチの人事・イノベーション統括本部イノベーション統括部の前野純部長はこう話す。

 いくらLCCとはいえ、そして外装とはいえ、なぜ段ボールを選んだのか。前野部長に話を聞くと、単なるコストダウンだけが理由ではなかった。

—記事の概要—
自称最速・自称最安・自称最軽量
並んでいる人にも画面で案内
1人で運べるチェックイン機
ブランドカラー再現も容易に
中身は流用
攻めのコスト削減

自称最速・自称最安・自称最軽量

 「最短5秒でチェックイン出来るので、自称最速。日本で作っているけど、恐らく自称最安。段ボール製で自称最軽量」。前野部長は自信を持って、新型チェックイン機をこう紹介した。

 チェックイン機は大手では通常、導入から7年から10年程度は使い続ける。しかし、ピーチはわずか3年で更新することにした。しかも外装は段ボール。大手のがっしりした機械とは対照的だ。

外装が段ボール製になったピーチの新型チェックイン機=15年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 これまで使っていたチェックイン機は、木製の棚にパソコンと


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post