エアライン, 解説・コラム — 2015年9月29日 14:32 JST

「3年後に再上場できる」スカイマーク井手会長、最後のインタビュー

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 9月29日、スカイマーク(SKY/BC)が臨時株主総会を開く。1月の経営破綻から8カ月が過ぎ、新経営陣として投資ファンド「インテグラル」の佐山展生代表が会長、日本政策投資銀行(DBJ)元・取締役常務執行役員の市江正彦氏が社長に就き、経営再建が本格化する。同時にスカイマーク黎明期から17年間、経営に携わってきた井手隆司会長と、西久保愼一前社長の右腕として財務面を担った有森正和社長は29日の総会をもって正式に退任する。

 「スカイマークは自分の子供のようなもの」。日ごろ同社をこう表現してきた井手会長。実務に携わる最終日となった28日夕方、井手会長がメディア最後となる、Aviation Wireの単独インタビューに応じた。

最後の単独インタビューに応じるスカイマークの井手会長=9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
独立性と社員の雇用守れた
1月23日に“奇跡の電話”
西久保前社長は「慎重派」
3年後に再上場できる
「本当に申し訳なかった」

独立性と社員の雇用守れた

── あす(29日)に臨時株主総会を迎える。心境は。

井手会長:本音はほっとした。昨年4月くらいから会社をどう守ろうかとやってきた。ストライクゾーンは目いっぱい取れた。

 正直安堵感と共に、我々の失敗で債権者の皆さんにご迷惑を掛けているが、法的手続きで利益率が高い時代の状態に戻す。全日本空輸(ANA/NH)からも約束が取れた。

「本音はほっとした」と話すスカイマークの井手会長=9月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 昨年7月にエアバスからファクシミリ1本で損害賠償請求が来た。この時に大手の傘下に入ることを求める示唆があった。それに反発するように、独立を守ろうと考えた。

 でも難しい。独立を守りながら、会社を守り、社員を守ることが果たして出来るのか。この1年間はこれに終始してきた。結果はANAも公然と約束していただいたように、独立性と社員の雇用を守れた。これは大きい。

── 最近は業績回復したが、9月の状況は。

井手会長:7月、8月と黒字で来たが、9月も黒字。9月は再建計画が決定したし、明日臨時株主総会が開かれるということは、11月末に想定している弁済への増資が行われる。これで今まで交渉していた事業者との再契約が結べる。

 この中では航空機のリース料引き下げが大きい。27機あるボーイング737-800のリース料が月に2億円くらい下がることで、さらに収益性が向上する。サービス向上委員会を通して、サービスを見直して、「昔に戻そう」を合い言葉にやってきた。

 早めにお客様に伝わり、戻ってきていただくことで、増収になりコストが下がる。収益が出る構造、僕らは「勝利の方程式」と呼んでいるが、これが出来上がった。7月と8月で実証され、9月が黒字になれば弾みがつく。

 インテグラルからは90億円のコミットメントラインのうち、45億円をお借りした。これが2月だが、すでに返済できる状態になった。銀行などから借り入れせず、自力で返せるところまで回復した。

 これまで夏場から回復するとお話ししてきたが、計画通り進行している。

── 計画が順調に進んでいる理由は。

井手会長:簡単に言うと、もともとスカイマークは737のみで運航している時は、世界3位の利益率を誇っていた。737だけに集中して運航すれば、CASK(ユニットコスト)がぐんと下がり、収益が上がる構造が出来上がる。それに当てはめれば、利益が出る自信があった。

破綻翌日の1月29日、スカイマーク本社で会見する有森社長(右)と井手会長=1月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 スカイマークは潰れるかもしれないと言われ、買い控えが起きた。スカイマークはこれからも継続しますよと、示さなければならなかった。一番大きいのは、ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)が取れたことだ。継続企業であることが証明されてきた。

 これで早期の再上場も視野に入ってきた。そうすると、


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。