エアライン, 解説・コラム — 2015年8月6日 10:45 JST

コードシェアは「毒まんじゅう」か 特集・スカイマーク”官邸主導”再建(前編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 「“上司”には逆らえない」。ある国交省幹部は、ことの成り行きをこう表現した。2014年11月、スカイマーク(SKY/BC)は日本航空(JAL/JL、9201)に対し、経営支援を要請。両社は旅客や貨物分野でのコードシェアについて、検討を進め始めた。

 ところが、JAL単独による支援に官邸が難色を示す。スカイマークの西久保愼一前社長は12月15日、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)の幹部と面会。提携を打診する。

 “上司”の意を汲んだ国交省はこれを認め、スカイマークの支援は“官邸主導”とも言えるスタートを切った。その後、ANAが支援に着手し始めると、官邸サイドは鳴りを潜め、ANAは公正取引委員会と密に連絡を取り合っていく。

再生計画案が可決され握手を交わす(左から)スカイマークの井出会長、インテグラルの佐山代表、ANAホールディングスの長峯取締役、DBJコーポレート・メザニン・パートナーズの本野取締役=8月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 8月5日、ANAHDや日本政策投資銀行(DBJ)が参画するスカイマークの再生計画案(再生債務者案)が、東京地方裁判所で開かれた債権者集会で可決された。JALとの提携検討から9カ月。経営危機に陥った会社にとっては、長すぎる時間が過ぎていた。早ければ2月にも始まっていた大手とのコードシェア(共同運航)は、いまだ始まっていない。

 支援に乗り出すANAHDも、難しい舵取りを迫られる。債権者集会直後に開かれた記者会見で、グループ経営戦略室長の長峯豊之・取締役執行役員は、「運賃や路線、便数の決定プロセスに、ANAは関与しない」と、独立性を強調する。

 しかし、額面通り受け取る関係者は少ない。経営が悪化し、ANAの支援を受ける「新規航空会社」と呼ばれる中堅航空会社、エア・ドゥ(ADO/HD)やスカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ/6J)、スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の3社は、ANAとのコードシェア実施により、安定した収入を得られるようになった反面、ANAが減便する路線計画に呼応するように、新路線を開設している。

—記事の概要—
前編
9月に再生本格化
コードシェアは「毒まんじゅう」

後編
路線移管でANA機材や人員の国際線強化か
A380導入が決め手?

 ANAは今後、どういったコードシェアを進めていくのか。そして、賛同を取り付けたエアバスとの関係は、どうなっていくのだろうか。

9月に再生本格化

 「フタを開けるまで、ヒヤヒヤ、ドキドキしていた。心から安堵している」。長峯氏は再生計画案が可決された心境を、こう語った。

 スカイマークの大口債権者は4者。最大債権者である米国の航空機リース会社、イントレピッド・アビエーションは議決権ベースで37.91%、エアバスが29.40%、ロールス・ロイスが16.03%、米リース会社CITが13.38%だった。

 議決権を持つ193の債権者のうち、7月24日に期限を迎えた書面投票を含む174者が投票。135.5者がスカイマーク案に票を投じた。議決権額ベースでも60.25%に達し、再生案の成立に必要となる、投票した債権者数の過半数と議決権総額の2分の1以上という、2つの条件を同時に満たした。

 最大債権者であるイントレピッドが提出した再生計画案(債権者案)には、エアバスやロールス・ロイスなどと大口取引があるデルタ航空(DAL/DL)が参画。しかし、票を投じたのは37.5者、議決権額ベースで38.13%と、過半数には届かなかった。イントレピッドを除く大口債権者は、スカイマーク案に乗った。

 今後、再生計画の認可決定に対し、不服申し立てがなされなければ、約1カ月後の9月にはこの決定が確定。スカイマークの再生が本格化する。

コードシェアは「毒まんじゅう」

 長峯氏が独立性を強調する、スカイマークの路線計画。会見に出席したインテグラルの佐山展生代表は、「長峯さんから言っていただいているように、独立を維持することについては、長い時間を掛けてスポンサー契約や株主間契約で、きっちり合意していただいている」と説明する。

 では、再生計画の核となるコードシェアは、どうやって進めていくのか。まず、コードシェアを本格化させるには、ANAと


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。