エアライン, 機体, 解説・コラム — 2015年3月24日 00:15 JST

黄金色のエンブラエル、名古屋に降り立つ 写真特集・FDAのゴールド9号機(機体編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 1号機はドリームレッド、2号機はライトブルー、3号機はピンク……。フジドリームエアラインズ(FDA/JH)の機体は、1機ごとにカラーが異なる。2014年7月に追加発注された3機のエンブラエル175型機(E175)のうち、9号機となる機体(登録番号JA09FJ)が3月23日、県営名古屋空港(小牧)に降り立った。

県営名古屋空港に到着したFDAの9号機=3月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ブラジルから日本までは約1万8000キロあり、同機のフェリーフライト(回送)は5日がかりとなった。名古屋空港には客室乗務員や空港旅客係員など、多くの社員が詰めかけ、黄金色に輝く新造機を出迎えた。

 9号機は燃費を5.5%改善する「フューエル・バーン・インプルーブメント(パッケージ2)」が施された日本初の機体。主翼端のウイングレットが大型化した「ウイングチップ」となり、全幅が従来より2.65メートル広がり、28.65メートルになった。

 翼端の赤(左側)と緑(右側)の「ナビゲーションライト」は、LEDを採用して小型化。胴体底部にある吸気口などの形状も変更し、空力特性を改善している。エンジンは従来のE175と同じGE製CF34-8Eを搭載し、座席数も既存機と同じ84席とした。

 機体が到着すると、集まった人たちはケータイのカメラで真新しい9号機を写真に収めていた。24日には、名古屋空港で機体のお披露目会が開かれる。

*写真は計23枚(ログインするとすべてご覧いただけます)。
*機内編はこちら
*到着時の記事はこちら

県営名古屋空港に着陸するFDAの9号機=3月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

県営名古屋空港に着陸するFDAの9号機=3月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

県営名古屋空港に着陸するFDAの9号機=3月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

県営名古屋空港に着陸するFDAの9号機=3月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

駐機場へ向かうFDAの9号機=3月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

駐機場へ向かうFDAの9号機=3月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

横断幕を手に9号機を出迎えるFDAの社員=3月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

9号機を出迎えるFDAの空港旅客係員ら=3月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。