A330導入「会社設立並みに大変だった」 スカイマーク、737一本化で原点回帰

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 想定を超える円安、燃料費の高止まり、そしてエアバスの総2階建て超大型機A380の7億ドル(約825億円)の違約金問題──。民事再生法の適用を申請したスカイマーク(SKY/BC、9204)の有森正和社長は1月29日、都内の本社で開いた会見で破綻要因を説明した。同時に、通常通りの運航を続けていることを強調し、これまで通りの利用を訴えた。日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェア提携も交渉を続けていく。

スカイマーク本社で会見する井手会長(左)と有森社長=1月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

スカイマークのA330(奥)と737=14年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 一方、会社再建を加速するため、2月から12路線を減便。シートピッチを広くしたエアバスA330-300型機(271席)も1月31日を最後に運航停止する。3月29日の夏ダイヤからは那覇-宮古線、那覇-石垣線、仙台-福岡線の3路線を運休し、宮古空港と石垣空港からは撤退する見通しだ。一方、撤退が取りざたされている米子空港については、「今後相談しながら決めたい」(有森社長)として、明言を避けた。

 1月29日時点の路線数は直行便24路線、経由便4路線の計28路線。夏ダイヤの直行便は21路線となる。

 また、A330の運航停止は、主力機であるボーイング737-800型機(177席)への機材1本化を意味する。「われわれは会社を再建するために事業計画を進めている。2011年3月期に20機の737で運航していた時の、世界トップ3の利益率に回復させる」と、井手隆司会長は力説する。

JALやANAとのコードシェア交渉を続けるスカイマーク=1月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 現在SKYの機材はA330が5機と、737が27機。いずれもリース機で、A330が運航停止すると同機のリース会社である、アイルランドのイントレピッド・アビエーションとの交渉が生じる。それだけではなく、残り5機のA330が引き渡し待ちであることから、エンジンメーカーのロールス・ロイスも違約金を求める可能性がある。

 円安やA380の違約金も大きな問題だが、記者は会見を取材し、改めてA330の処遇こそが今後の課題になると感じた。有森社長も「(経営破綻の)原因は、A380だけではない。足もとの収益の問題でもある。A380の違約金問題さえなくなれば良いとは考えていない」と語り、運航路線の採算性や機材のリース料など運航コストも見直さなければ、再建は難しいとの認識だ。

─ 記事の概要 ─
円安「会社を大きく傷めた」
止血策としてのA330運航停止
「サービスを追求していく航空会社」

円安「会社を大きく傷めた」

 有森社長は会見で、航空機リース料がドル建てであり、円安進行が重荷になったと説明。しかし、リース料がドル建てなのは航空会社では一般的で、SKYが例外な訳ではない。費用のドル建て決済が多い航空会社の中で、為替ヘッジをしない同社は珍しく、同業他社以上に円安の痛手を被ったと言える。

初飛行に成功したスカイマークのA380初号機。ついに就航することはなかった=14年4月2日 PHOTO: P. Masclet, Master Films/Airbus

 「為替ヘッジは業者が儲かるだけ」。西久保愼一前社長に、記者がかつて為替ヘッジを行わない理由を尋ねると、こう答えが返ってきた。為替はどのみち変動するものであり、先を見通せるかどうかの違いだけ、というのが西久保前社長の考えだった。

 2012年12月の第2次安倍内閣発足以降、過度な円高が是正され、円安に転じた。SKYがA380を発注したのは2011年。投資予定額は総額で約1916億円としており、これまでに265億円をエアバスに支払っている。

 SKYは2011年2月にA380を4機発注し、同年6月にはオプション(仮発注)だった2機も正式発注に切り替えた。SKYは2012年3月期まで、過去最高益を3期連続で更新しており、絶好調の中でのA380発注だったと言える。エンジンは2011年9月14日、英ロールス・ロイス社のトレント900を選定し、2017年までに全機を受領予定だった。

 最初に発注した2011年2月18日の為替は1ドル83円台。102円台で推移する現在と比べると、2割程度円高だった。2012年12月の第2次安倍内閣発足以降、過度な円高が是正され、円安に転じた。ドル建て決済が多い航空会社では、機体もドル払いだ。発注から引き渡し開始までに進んだ円安は、「会社を大きく傷めることになった」(井手会長)。

 A380導入について有森社長は、「(西久保前社長)個人ではなく会長、私も含めて経営責任がある。役員がその時正しいと判断して決めたことで、一番適切な判断をしたと思う」と、西久保氏個人の責任ではないとする。井手会長は西久保氏について、「経営責任を深く感じており、(節目の段階で)身を引くと言っていた」と語った。

止血策としてのA330運航停止

 A380導入頓挫の要因のひとつが円安ではあった。しかし、A330の契約も途中でキャンセルするとなれば、さらに違約金金額がふくれあがる。

就航初日、富士山をバックに羽田空港の19番スポットに入るスカイマークのA330 2号機=14年6月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 関係者は「今度はロールス・ロイスも黙ってないのではないか。A380の時は、


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。