エアライン, 空港, 解説・コラム — 2014年2月5日 08:55 JST

成田空港、LCC専用ターミナルの建設現場公開 空調費抑える工夫も

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 成田国際空港会社(NAA)は2月4日、2015年3月末の完成を目指すLCC(低コスト航空会社)専用ターミナルの建設現場を公開した。本館とサテライト部分合わせて9機が駐機でき、ターミナルから徒歩で搭乗する。搭乗橋(PBB)は設置しない。

サテライト2階。LCCターミナルは現在のLCC駐機場近くで建設が進む=2月4日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

サテライトは現在のLCC駐機場近くに位置する=2月4日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

LCCターミナル外観イメージ図(NAA提供)

 LCCターミナルは、同空港内の第2ターミナルビル北側にある第5貨物ビルの一部を解体し、整備を進めている。本館は3階建てで広さ約5万平方メートル、サテライトは2階建てで約7000平方メートル。貯水槽など業務用施設を除くと、地下は作らない。

 本館とサテライトを結ぶ長さ100メートルのブリッジの広さは約1300平方メートル。高さは航空機が通過できるよう、4階建ての建物と同レベルになる。サテライト北側には、5機駐機できるエプロン(駐機場)を整備。17年3月末に完成後は、LCCが運航するエアバスA320型機やボーイング737型機がブリッジの下を通り、駐機場と行き来するようになる。

 本館にはCIQ(税関・出入国管理・検疫)を設置し、国際線にも対応。既存の76番と77番スポットを改修し、国際線用スポットとして運用する。現在両スポットは大型機1機ずつが駐機できるが、PBBを撤去してA320や737などの小型機が5機駐機できるようにする。

 サテライトは国内線用施設となり、小型機を4機駐機可能。本館とサテライトともに1階部分は到着用施設として利用。2階に待合室を設け、本館はフードコート、サテライトは売店も併設する。CIQや免税店、航空会社の事務所は3階に設ける。

 建物内部は、天井の配管などはむき出しにして、建設コストを抑える。建物の設計も柱の間隔などを工夫し、建材は通常のトラックで運べる大きさにしているという。また、第2ターミナルなどにみられる吹き抜けを作らず、窓も最低限に抑えることで空調にかかる費用を削減し、運用コストも抑えられるようにした。

 ターミナル基礎部分の事業費は111億8000万円で、約200億円とみている全体の事業費も2割程度は削減できる可能性がある。

 年間の発着回数は5万回、利用者数は750万人程度を見込む。LCC各社が利用するにあたってはターミナル使用料が焦点となるため、NAAでは安価な使用料の実現を目指す。現時点では、成田を拠点とするジェットスター・ジャパン(JJP)、バニラエア(VNL)、春秋航空日本の利用を想定している。

 サテライトの建物は5月から6月、本館は11月から12月には完成予定だが、電気の供給などの問題もあるため、すべて完成してからの開業となる。

* 写真やイメージ図は、無料会員登録いただくと、すべてご覧になれます。

工事が進むLCC専用ターミナル本館(手前右)とサテライト(左奥)=2月4日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

工事が進むLCC専用ターミナル本館=2月4日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

建設が進むサテライト=2月4日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post