エアライン, ボーイング, 機体, 解説・コラム — 2014年1月5日 22:30 JST

JTA、さくらジンベエ就航 17年末まで運航

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は1月5日、機体にジンベエザメを描いた特別塗装機「ジンベエジェット」の2号機「さくらジンベエ」(ボーイング737-400型機、145席、登録番号JA8992)を就航させた。

さくらジンベエの初便を那覇空港で見送るJTA社員ら=1月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

さくらジンベエ初便の宮古行き565便に搭乗する乗客=1月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 初便となった宮古行き565便(鈴木謙一機長)は、乗客106人(うち乳幼児3人)と乗員5人を乗せ、那覇を午後3時11分に出発。午後4時3分に宮古へ到着した。那覇ではさくらジンベエが27番ゲートに入り、隣の26番ゲートにはジンベエジェットの1号機が並んだ。

 ジンベエジェットは沖縄美ら海水族館とのタイアップで、12年12月に1号機が就航。同水族館の人気者、ジンベエザメの「ジンタ」をイメージしたデザインで、機体全体に大きく描かれている。

 2号機のさくらジンベエはデザインはそのままに、ジンタのガールフレンドをイメージし、さくら色の塗装を施した。機首には日本一早咲きのサクラ、やんばる(沖縄北部地域)の「カンヒザクラ」を描いた。

 また、トーイングカー(航空機牽引車)とコンテナドーリーを牽引するトラクターにも、同様のデザインが施された。トーイングカーは那覇空港のものが1台が、トラクターは那覇と宮古の各1台ずつが、さくらジンベエ仕様となった。

 ジンベエジェットの企画は、2年半ほど前にJTAの佐々木敏文副操縦士が発案。沖縄をピーアールする企画として社内で採用され、昨年の1号機就航に至った。今日の初便には、佐々木副操縦士も乗務した。

 2機とも、17年12月ごろまでの運航を予定しており、翌日の運航スケジュールはJTAのウェブサイトで公開している。JTAによると、ジンベエジェットは子供だけではなく、大人にも人気だという。(機体お披露目の様子はこちら

*写真記事はこちら

格納庫から駐機場へ向かうさくらジンベエ=1月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

格納庫から駐機場へ向かうさくらジンベエ=1月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。