未分類 — 2013年12月23日 19:25 JST

JALベルスター、ハンドベルで魅了 3年ぶり新人CA「アイコンタクトが大事」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 クリスマスを控えた12月23日、日本航空(JAL、9201)の客室乗務員有志「JALベルスター」が、今年で19年目となる恒例のハンドベルコンサートを羽田空港国際線ターミナルで開いた。

羽田空港国際線ターミナルでハンドベル演奏を披露するJALベルスターのメンバー=12月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 演奏を披露したのは、入社1年目6人と5年目2人の客室乗務員8人。経営破綻により客室乗務員の採用を中断していたことから、新入社員が参加するのは3年ぶり。

 メンバーは10月から乗務の合間に8回の練習を経て、12月1日から札幌や函館、高松で演奏。23日は「ジングルベル」「あわてんぼうのサンタクロース」などのクリスマスソングや、ディズニーの「A Whole New World(ホール・ニュー・ワールド)」、JALのイメージソング「I Will Be There with You(アイ・ウィル・ビー・ゼア・ウィズ・ユー)」など10曲で観客を魅了した。

 昨年のベルスターは9人編成だったが、今年は8人のため昨年のメンバーが楽譜をアレンジ。演奏の指導などもOGが担当した。

 以前からベルスターの存在を知っていたという田中梓さん(入社1年目)は「練習を始めた頃はまとまらなかったのですが、お互いの顔を見るようになったらまとまり出しました」と、良い演奏にはフライトと同様にアイコンタクトやチームワークが重要だという。

 8人のうち唯一楽器の演奏経験がなかったと打ち明ける菊地優子さん(同)は「普段はフライトでしかお客様と接する機会がないので、コンサートを通じて貴重な経験ができました」と満足げ。また、馬野由紀枝さん(同)は「函館と高松はステイがない就航地なので、新しい土地の魅力に触れられました」と、新人客室乗務員たちには刺激になったようだ。

 24日と25日は羽田国内線第1ターミナル2階フェスティバルコートと、ホテル日航東京で、息の合ったハンドベルを披露する。両日とも羽田国内線ターミナルでは午前11時半と午後1時半、ホテル日航東京では午後4時半と午後6時半の各2回ずつ演奏する。

*写真は計6枚(ログインするとコンサートの写真をご覧いただけます)。

息の合ったハンドベル演奏を披露するJALベルスター=12月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.