ボーイング, 官公庁, 機体 — 2013年1月15日 21:30 JST

米運輸安全委、出火した787のバッテリー公開

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 米国家運輸安全委員会(NTSB)は現地時間1月14日、同7日にボストンのローガン国際空港に駐機していた日本航空(JAL、9201)のボーイング787型機(登録番号JA829J)から出火したトラブルで、同機の補助動力装置(APU)用リチウムイオンバッテリーの写真を公開した。

NTSBが公開した787のAPU用バッテリー(NTSBの資料から)

正面から見た787のAPU用バッテリー(NTSBの資料から)

 バッテリーは10日にワシントンにあるNTSBの材料研究所へ運ばれた。NTSBでは今週にもバッテリーを分解し、調査を行う予定。分解調査を前に、先週末にX線検査を実施した。また、APUコントローラーやフライトデータレコーダー、ボイスレコーダーなどからデータを取り出し、解析を進めている。

 NTSBの調査チームは、航空機システムや火災・空港での緊急対応、データレコーダーの分野を中心に構成。米国連邦航空局(FAA)やボーイング、JAL、バッテリー製造メーカーのジーエス・ユアサ(6674)、APUバッテリーや充電システムを手がけるフランスの航空宇宙電子機器メーカー、タレス・アビオニクス・エレクトリカル・システムなどからも専門家が加わっている。

関連リンク
National Transportation Safety Board

FAA、787の認証計画を承認 試験飛行も実施へ
米運輸安全委、787の中間報告行うも原因特定至らず 航空会社も困惑
米運輸安全委、APU用バッテリー電圧は設計値通り 充電装置なども調査へ
ボーイング、FAAとの787共同調査に声明
ボーイング、787のバッテリー出火で声明 過去の電源トラブルと関連なし
日航の787、ボストンで出火 けが人なし 火元はAPU用バッテリー

関連記事