エアライン, ボーイング, 企業, 機体, 空港 — 2017年11月15日 13:05 JST

ソラシド、初めての「初日の出フライト」 宮崎での初詣も

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ソラシドエア(SNJ/6J)は2018年1月1日、初日の出フライトを実施する。機内からの初日の出観賞のほか、宮崎の神社での初詣もセットにした日帰りツアーで販売する。ソラシドの就航15周年を記念したもので、同社の初日の出フライトは初めて。

初日の出フライトを初めて実施するソラシドエア=14年3月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 羽田-宮崎を往復するチャーターで運航し、機材はボーイング737-800型機。宮崎行き6J99便は羽田を午前5時40分ごろに出発し、午前8時30分ごろ到着する。羽田行き6J98便は午後1時40分ごろ宮崎を出発し、午後3時10分ごろに到着する。

 宮崎行きの機内では初日の出を観賞。宮崎空港では2018年の干支・戌にちなみ、県のシンボルキャラクター「みやざき犬」が出迎える。宮崎市の青島神社を参拝し、ホテルでの昼食後、宮崎空港に戻る。

 当日は午前4時40分ごろ、羽田空港に集合する。集合場所は最終工程表で案内する。機内では弁当と飲み物を提供。そのほか、搭乗証明書と土産も用意する。

 料金は窓側から2席分で9万8000円、3席分で13万7000円、通路側1席が3万9000円。座席指定はできない。窓側を希望する場合は、2人以上で申し込む必要がある。

 宮崎市の旅行代理店、宮崎交通が企画・実施する。11月21日午前10時30分から、宮崎交通の専用電話のみで受け付ける。

 宮崎空港に本社を構えるソラシドエアは2002年8月1日、スカイネットアジア航空として就航。2017年で15周年を迎えた。

問い合わせ先
宮崎交通特設ダイヤル
TEL:0985-33-9008

初日の出ツアーの料金
・窓側から2席 98,000円(2人分)
・窓側から3席 137,000円(3人分)
・通路側から1席 39,000円(1人分)

初日の出チャーターの運航スケジュール
6J99 羽田(05:40)→宮崎(08:30)
6J98 宮崎(13:40)→羽田(15:10)

関連リンク
ソラシドエア
宮崎交通

就航15周年のソラシドエア
宮崎県花ハマユウあしらった初代制服 写真特集・ソラシドエア就航15周年歴代制服フライト(17年8月14日)
ソラシドエア、就航15周年でスカイネット時代の初代制服 オリオンビールも販売開始(17年8月2日)
「今までは再生ステージ。これからは成長」ソラシドエア髙橋新社長に聞く(17年8月1日)

写真特集・初日の出フライト2017
スターフライヤー編 手作りしめ縄で感謝の気持ち(17年1月5日)
ANA編 17回目の初富士初日の出(17年1月2日)
JAL編 歴代制服着た酉年CAとダイヤモンド富士(17年1月4日)

2017年の初日の出フライト
スターフライヤー、羽田で初の無料初日の出フライト 新制服CAがお出迎え(17年1月1日)
ANA、高度1万3000フィートで御来光 羽田から初日の出フライト(17年1月1日)
JAL、羽田から初日の出フライト 酉年CAが歴代制服着用(17年1月1日)
バニラエア、LCC初の「初日の出フライト」 房総上空で観賞(17年1月1日)