ボーイング、日本の航空機需要35年までに700機 25%は市場成長

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングの100%子会社で、航空機ファイナンスを手掛けるボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)のアジア太平洋地域を担当するフォスター・S・アラタ副社長は、日本での航空機需要は2035年までに約700機あり、このうち20-25%が市場の成長によるもので、75-80%が置き換え需要によるものとの見通しを示した。

—記事の概要—
日本のLCC市場20%へ
銀行資金供給は中国31%
地銀「グローバルな投資家

日本のLCC市場20%へ

日本の航空機ファイナンスについて説明するボーイング・キャピタル・コーポレーションのアラタ副社長(左)とハモンド副社長=17年4月20日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 4月20日、都内で会見したアラタ副社長によると、2016年から2035年までの19年間の新造機需要は世界で3万9620機、金額ベースで5兆9000億ドル(約645兆円)にのぼる。

 このうち、全体の71%を占める2万8140機が737などの単通路機(ナローボディー機)、13%が787-8など小型の双通路機(ワイドボディー機)で5100機、777など中型の双通路機は9%にあたる3470機で、6%がエンブラエルやMRJなどのリージョナルジェット機で2380機、1%が747-8など大型の双通路機で530機としている。金額ベースで見ると、51%が単通路機で3兆ドルを占める。

 アラタ副社長は、世界市場の動向について「非常に良い状態」と述べ、「地域別では北東アジアの伸びが顕著だ」と語った。

 日本市場では、1970年以降導入されたジェット機のうち、約85%がボーイング機。現在10社の航空会社が475機を運航しており、受注残は74機となっている。

 約700機とする2035年までの日本の航空機需要は、単通路機と双通路機が約320機ずつ、リージョナルジェットが残りで約60機となる見込み。

 日本の航空機ファイナンスの


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。