企業 — 2017年2月1日 15:35 JST

Aviation Wire、日経テレコンへ配信開始

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 株式会社旭技研(東京都港区、代表取締役社長:吉川忠男)が発行する航空経済紙「Aviation Wire」は、株式会社日本経済新聞社(東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)が運営する日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービス「日経テレコン」への記事配信を、創刊5周年を迎えた2月1日より開始いたしました。

 Aviation Wireは2012年2月、日本国内でのLCC就航やボーイング787型機の運航本格化、日本航空の再建と、日本の空が変革を迎えた年に創刊しました。航空機やエアライン、空港などに関する情報を、独自取材に基づく記事を中心にお届けしております。

 現在では機体メーカーや航空会社、官公庁をはじめ航空分野のキーマンや実務に携わる方、出張や旅行で航空会社を利用する方、航空機を趣味として楽しむ方など、多くの方にご覧いただいております。

収録内容と更新
・2012年2月1日以降の記事を提供します。
・データの更新は、毎日随時行います。
・1日あたり、約10件の記事を収録します。

利用方法
・記事検索、ナビ型記事検索メニューのデータベース選択で「専門紙」から「Aviation Wire」を選択してご覧ください。

料金(金額は税抜き)
・見出し 5円/件
・本 文 100円/件

 日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービスである日経テレコンへの配信開始により、日本の航空業界発展の一助となるべく、コンテンツの質向上と拡充を目指して参ります。

 引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

2017年2月1日
株式会社旭技研
Aviation Wire 編集長
吉川忠行

関連リンク
日経テレコン

創刊5周年を迎えました(17年2月1日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post