MRJ, 機体, 解説・コラム — 2014年8月4日 10:40 JST

MRJ、技術試験場を公開 今夏から強度試験開始

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 リージョナルジェット機「MRJ」を開発中の三菱航空機は8月3日、愛知県にある三菱重工業(7011)の小牧南工場に隣接するMRJ技術試験場を、報道関係者に公開した。

試験設備の側方から見る架構と垣間見える機体=8月3日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

 MRJの開発は、実際に飛行して試験を実施する飛行試験機と並行し、地上で強度試験を行う試験機を製作。公開されたMRJ技術試験場では、今夏から強度試験が始まる。

 試験場は2010年1月に着工し、2011年3月に完成。建築面積は4633平方メートルで、2機の機体を同時に試験できる広さになっている。

 強度試験は型式証明や耐空性証明の取得に必要な試験で、大きく2種類実施される。機体の強度を保証する「全機静強度試験」では、運用中に予想される最大の力に耐えられるかを、試験場に置かれた機体全体に負荷をかけて検証。耐久性を保証する「全機疲労強度試験」では、想定する寿命に対して運用中に予想される繰り返しかかる力に耐えられるかを、負荷をかけて調べる。

 全機強度試験は機体を安全に飛行させるために、必要な基準を満たしているかを検証する構造試験のひとつ。試験機の主翼や胴体、垂直尾翼、水平尾翼の取付部、エンジン取付部、脚取付部に荷重と与圧をかけ、構造強度を確認。試験結果と解析結果を総合して、安全性を評価する。

 機体構造の変形を変位計、応力を歪みゲージ、構造による荷重を荷重計や圧力計で計測する。

 強度試験機は実機と同等のものを2機製造。現在試験場に入っているのは静強度試験機で、疲労強度試験用の機体は2015年に完成する。

試験架構に地上から1.5mの高さに設置された静強度試験機=8月3日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

試験架構に地上から1.5mの高さに設置された静強度試験機=8月3日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

静強度試験機を撮影する報道陣=8月3日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり3記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料個人会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月3本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録は、こちらからお問い合わせください。
* 法人の会員登録は有料のみです。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: