官公庁, 空港 — 2021年4月6日 18:00 JST

新潟空港、民営化への意見公募 国交省、可能性探る

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国土交通省航空局(JCAB)は国が管理する新潟空港の民営化について、民間からの意見募集を4月5日に開始した。民間業者からのヒアリングにより、民営化に向けた可能性を探る。関心のある事業者は、21日午後3時までにメールを送付して参加する。

民営化への可能性に向け民間からの意見募集が始まった新潟空港=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 新潟空港は国が設置・管理する「第2種空港」で、1930年に開港。新潟県と新潟市の要望により、国に所有権を残したまま運営権を民間へ売却する「コンセッション方式」導入の可能性に向けた意見を、民間から募集する。

 資料などはウェブ上の「バーチャルデータルーム」(VDR)で開示する。関心のある業者は、PDFで作成した関心表明書と守秘義務誓約書、Excelで作成したVDRのID申請フォームをメールで送付する。VDRでの資料開示は4月19日から5月14日まで。

関連リンク
新潟空港 コンセッションの導入可能性に関する民間ヒアリングのご案内(国交省)
新潟空港

新潟空港
新潟空港フォトコン、8日から応募作品展(21年3月7日)
ピーチ、若者の新潟誘客促進 県らと連携、大学生考案のスポット紹介(21年3月3日)
ピーチ、新潟-関西就航 悪天候で遅延も拍手湧く(18年3月1日)

空港民営化
国交省、広島空港の民営化で運営権設定 「広島国際空港」設立(20年12月21日)
北海道7空港、ターミナルから民営化 新千歳6月に一体運営、北海道エアポート(20年1月21日)
熊本空港、地震復興で民営化 国交省、評価公表(19年8月16日)
福岡空港が民営化 東アジアのトップ目標、48年度に100路線(19年4月2日)