空港 — 2021年1月28日 11:54 JST

福岡空港、滑走路見えるラウンジ開業

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 福岡空港に1月28日、クレジットカード会員などが利用できる「ラウンジTIME サウス」が国内線ターミナル2階にオープンした。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でターミナル施設の休業が相次ぐ中、予定通り開業した。福岡空港会社の担当者は「飛行機がよく見え、眺めがいいのでぜひ利用して欲しい」と話している。

福岡空港に開業した「ラウンジTIME サウス」(福岡国際空港会社提供)

 滑走路に面したラウンジ内は、くつろげるリビング席と仕事に適したビジネス席、ビジネスコーナーを用意。有料のリクライニングチェアも備えた。飲み物はフリードリンクサービスか、ビール1缶のいずれかが選べる。

 座席数は167席で、禁煙159席、喫煙8席。無線LANサービスを提供している。

 アメリカン・エキスプレス(AMEX)など提携カード会社の対象クレジットカード所持者は入場無料で、そのほかの人も大人1000円(税別)、子供500円(同)の入場料を払えば利用できる。

 場所は国内線ターミナル2階の南側出発保安検査場近くで、保安検査後に利用できる。営業時間は午前6時から午後9時まで。

福岡空港に開業した「ラウンジTIME サウス」のエントランス(福岡国際空港会社提供)

福岡空港に開業した「ラウンジTIME サウス」(福岡国際空港会社提供)

福岡空港に開業した「ラウンジTIME サウス」(福岡国際空港会社提供)

福岡空港に開業した「ラウンジTIME サウス」に設置された有料リクライニングシート(福岡国際空港会社提供)

関連リンク
福岡空港

福岡空港、航空9社が合同見送り 「TEAM FUK」で明るい話題を(20年9月14日)
福岡空港、国内線ビル刷新 中央に展望デッキ、全天候型のビアホールも(20年8月5日)

【お知らせ】
写真を追加しました。(21年1月28日 16:10 JST)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post