エアライン, 空港, 解説・コラム — 2020年10月27日 11:50 JST

スターフライヤー、国内唯一の右ドア乗降に幕 1タミ集約で

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は、羽田空港第1ターミナルで機体の右側ドアを使って乗客が乗り降りする運用を夏ダイヤ最終日の10月24日で終えた。第2ターミナル発着の羽田-関西線、山口宇部線の機体が第1ターミナルの駐機場を使う際の運用で、国内の定期便では唯一右側のドアを乗降用に使っていた。

R1ドア運用で搭乗するスターフライヤーの羽田発関西行き7G29便の乗客=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 民間機による旅客便では、通常は進行方向左側のドアを使用して乗客が乗降する。船の慣習から引き継がれたもので、PBB(搭乗橋)も左舷に装着するようになっており、右側のドアは機内食の積み込みなど業務に使用する。

 スターフライヤーの羽田発着便は4路線あり、24日までは北九州線と福岡線が1タミ、関西線と山口宇部線が2タミ発着だった。右舷前方「R1」ドアを使った乗降は、スポット(駐機場)の運用の関係で冬ダイヤ初日の2016年10月30日から開始した。

 2タミ発着だった関西線と山口宇部線のうち、1タミの1番スポット発着の機体を使って運航する便がR1ドア運用になった。出発便の乗客は2タミでチェックイン後、連絡バスで機側まで移動し、R1ドアから搭乗する。到着便の乗客はR1ドアから降機後、バスで2タミへ向かう。

前方ギャレーで出発準備を進める関西行き7GG29便に乗務する客室乗務員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 取材した22日は、乗客88人(幼児なし)がエアバスA320型機のR1ドアから搭乗した関西空港行き7G29便(A320、登録記号JA09MC)が午後9時34分に1番スポットを出発すると、山口宇部発7G16便(A320、JA25MC)がわずか3分後の午後9時37分に入れ替わりで到着。R1ドアから降りた乗客109人(幼児なし)は、3台のバスに乗って2タミに向かった。

 25日からは、羽田4路線すべてが1タミに集約されたため、R1ドア運用は終了。これまでスターフライヤーが1タミで使用する搭乗口は1番と2番だったが、25日からは3番も加わった。国内唯一の変わった搭乗方法は、ターミナル集約によって4年間の運用を終えた。

*写真は22枚(関西行き7G29便→山口宇部発7G16便の順)。
*動画はこちら

羽田空港1番スポットでR1ドア開放前の安全確認をするスターフライヤーの客室乗務員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットでANAのグラハンスタッフが開けるR1ドアを確認するスターフライヤーの客室乗務員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire



【YouTube】飛行機に右から乗り降り スターフライヤー羽田R1ドア運用見納め


羽田空港1番スポットでR1ドアが開いたスターフライヤーのA320=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットでR1ドアを開けたスターフライヤーのA320=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットに駐機中のスターフライヤーのA320。L1ドアは前便の福岡発7G52便の乗客が降機する際に使い、R1ドアは関西行き7G29便の乗客が搭乗時に使う=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットでL1ドアを閉めるスターフライヤーの客室乗務員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットでL1ドアを閉めるスターフライヤーの客室乗務員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットでL1ドアを閉めるスターフライヤーの客室乗務員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

L1ドア付近で出発準備を進める関西行き7GG29便に乗務する客室乗務員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

出発前の関西行き7G29便の機内でANAのグラハンスタッフ(左)と打ち合わせするスターフライヤーの客室乗務員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットで出発を待つスターフライヤーの関西行き7G29便=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットで出発を待つスターフライヤーの関西行き7G29便=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットでカメラに向かって手を振るスターフライヤーの関西行き7G29便のパイロット=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

R1ドア運用で搭乗するスターフライヤーの羽田発関西行き7G29便の乗客=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

タラップ車が外され出発を待つスターフライヤーの羽田発関西行き7G29便=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットから出発するスターフライヤーの羽田発関西行き7G29便=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットから出発するスターフライヤーの関西行き7G29便。右は到着を待つ山口宇部発7G16便=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港を出発するスターフライヤーの関西行き7G29便。左は1番スポットに進入する山口宇部発7G16便=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットに到着しR1ドアから乗客を降ろすスターフライヤーの山口宇部発7G16便=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港1番スポットに到着しクルーの降機用にL1ドアにPBBが付けられたスターフライヤーの山口宇部発7G16便=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
スターフライヤー
羽田空港

R1ドア運用の動画(YouTube Aviation Wireチャンネル
飛行機に右から乗り降り スターフライヤー羽田R1ドア運用見納め

スターフライヤー、羽田発着1タミに集約 “R1ドア”運用も終了(20年10月25日)
スターフライヤー、羽田1タミに集約 10月から関空・山口宇部も(20年8月18日)
スターフライヤー福岡行き、羽田1タミ発に 10月から3年ぶり(17年7月13日)
世界初!機内でプラネタリウム鑑賞 スターフライヤーが北九州発着の周遊フライト(20年10月18日)