ボーイング, 機体, 空港, 解説・コラム — 2020年2月15日 05:00 JST

胴体後部ごと大きく開くカーゴドア 写真特集・ドリームリフター機内日本初公開

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングが787型機の主要部位を、米国の最終組立工場へ向け輸送する専用貨物機747-400LCF「ドリームリフター」。2月12日には、1000機目となる787型機の主翼が米サウスカロライナ州ノースチャールストンへ向け、中部空港を飛び立った。

スウィングテールカーゴドアを開け787の主翼を積み込むボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 787は機体の構造部位のうち、主翼など35%を日本企業が中部地域で製造している。三菱重工業(7011)は主翼、川崎重工業(7012)は前部胴体、富士重工業(7270)は中央翼を担う。製造した主要部位は、中部空港内にある「ドリームリフター・オペレーションズ・センター」(DOC)で保管。中部からは、最終組立工場がある米ワシントン州エバレットとサウスカロライナ州ノースチャールストンへ、ドリームリフターで運んでいる。787の主翼を1組2枚同時に運ぶことができ、機内には、胴体後部ごと開く「スウィングテールカーゴドア」から搬入する。

FLIGHT OF DREAMSで展示される787-8飛行試験初号機=18年10月5日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 主要部材を出荷していることから、中部空港は787との縁が深い。ボーイングは787-8の飛行試験初号機「ZA001」(登録記号N787BA)を、中部空港を運営する中部国際空港会社へ寄贈。同社はZA001を活用し、実機を展示するテーマパーク型商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」を2018年10月にオープンした。

 ドリームリフターは747-400旅客機を改修した機体で、4機運航している。2005年に改修を開始し、2007年に運航を開始した。中部空港には2007年1月に初飛来。1カ月の平均便数は、月産10機となった2014年は17便、12機体制となった2016年は20便、14機体制の2019年は23便だった。

 運航は米国のアトラスエアー(GTI/5Y)が担い、パイロット3人で運航する。中部からエバレットまでは直行で約9時間。ノースチャールストンまではアンカレッジかシアトルを経由し、約16時間かかる。

 2月12日に、日本の報道陣にドリームリフター(747-400LCF、N718BA)の機内を初公開。ボーイングによると、海外のメディアを含め、機内を公開するのは珍しいという。本特集では、機内と外観を写真で紹介する。

*写真は28枚。中部到着→機内→外観の順。

中部空港に到着するボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

中部空港に到着するボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

中部空港に到着するボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」機内前方=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」機内前方=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込むボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込むボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込むボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込むボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

スウィングテールカーゴドアを開け787の主翼を積み込むボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込むボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込むボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込むボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込むボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込みスウィングテールカーゴドアを閉めるボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込みスウィングテールカーゴドアを閉めるボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込みスウィングテールカーゴドアを閉めるボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込みスウィングテールカーゴドアを閉めるボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込みスウィングテールカーゴドアを閉めるボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込みスウィングテールカーゴドアを閉めるボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

1000機目となる787の主翼を積み込みスウィングテールカーゴドアを閉じたボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

アトラスエアーが運航を担うボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

アトラスエアーが運航を担うボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ノースチャールストンへの出発を待つボーイングの747-400LCF「ドリームリフター」=20年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関連リンク
Boeing
ボーイング・ジャパン
中部国際空港 セントレア

1000機目の主翼出荷
1000機目の787、米国へ主翼輸送 ドリームリフター機内、日本初公開(20年2月12日)
三菱重工、1000機目の787複合材主翼出荷(20年2月11日)

787機目の787
ボーイング、787機目の787納入 エアキャップ、中国南方航空にリース(18年12月14日)

主要部位を保管するDOC
ボーイング、787増産向け準備着々 セントレアの保管庫増設(15年11月8日)
ボーイング、セントレアに787の部位保管施設 ドリームリフター・オペレーションズ・センター稼働(14年3月18日)

18年10月オープンのFLIGHT OF DREAMS
中部空港FLIGHT OF DREAMS、累計来場160万人 オープン1周年、新コンテンツも(19年10月10日)
中部787施設「Flight of Dreams」オープン 一番乗りは前日夜(18年10月12日)

特集・中部787施設Flight of Dreams
商業エリア編 翼の下で食事できる スタバなど16店舗、シアトル再現(18年10月11日)
展示エリア編 9種類の体験型コンテンツ、コックピットも(18年10月11日)