エアライン, 官公庁, 空港 — 2018年12月18日 17:50 JST

18年訪日客、3000万人到達 国交相「魅力の発信強化」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 観光庁は12月18日、2018年の累計訪日客が3000万人に到達したと発表した。3000万人目となったのは、台湾の王劭予(オウ・ショウヨ)さんで、ピーチ・アビエーション(APJ/MM)の台北(桃園)発便で関西空港に到着した。関空の第2ターミナルでセレモニーを開催し、石井啓一国土交通相(衆院・北関東、公明)ら、関係者が3000万人到達を祝った。

関西空港第2ターミナルで開催した訪日3000万人記念セレモニーでくす玉を割る石井国交相(左から2人目)ら=18年12月18日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

—記事の概要—
国交相「魅力発信強化」
日本は「生涯旅行する国」
2012年以降大幅な伸び

国交相「魅力発信強化」

年間訪日客数4000万人に向けて決意を新たにする国交相=18年12月18日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 2018年は、6月に大阪北部地震、7月に西日本豪雨、9月に関西地方への台風21号上陸と北海道胆振東部地震が発生するなど、自然災害が多く発生した。国交相は「7月以降は(訪日客数の)伸び率に鈍化傾向が見られるものの、戦略的な訪日プロモーションが実を結んだ」と述べ、満足した様子を見せた。

 今後は、2019年のラグビーワールドカップ(W杯)、2020年の東京五輪・パラリンピック、2025年の大阪万博など、世界的なイベントが多く控え、日本が世界から注目される機会が増える。国交相は「日本の多様な魅力の発信を強化し、(各地での)受け入れ環境の整備、観光資源の磨き上げを進める」と述べ、政府が目標とする2020年までの、年間訪日客数4000万人に向けて決意を新たにした。

 3000万人目の訪日客となった王さんには、国交相から記念盾を、ピーチの井上慎一CEO(最高経営責任者)からは、運賃などの支払いに使える「ピーチポイント」と模型飛行機などをプレゼントした。

日本は「生涯旅行する国」

日本を「生涯旅行する国」と話す王さん=18年12月18日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 王さんが搭乗したのは、18日の台北発関空行きMM22便(エアバスA320型機、登録番号JA820P)。定刻から59分遅れの午後2時4分に到着した。

 現在39歳の王さんは、今回で12回目の訪日となる。初めて日本を訪れたのは12歳のころで、初の海外旅行だったという。今回は5日間滞在。鉄道の乗り放題パスを入手済みの王さんは、「大阪を思いきり楽しみたい」と話した。

 日本を「生涯旅行し続ける国になる」とした王さんは、「今後、5000万人目の訪日客も目指したい」と意欲を見せた。

2012年以降大幅な伸び

 観光庁が所管する日本政府観光局(JNTO)は、日本人の海外旅行が自由化となった


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり3記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料個人会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月3本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録は、こちらからお問い合わせください。
* 法人の会員登録は有料のみです。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。