エアバス, エアライン, 機体 — 2018年11月2日 17:08 JST

四川航空、関西-西安就航 週4往復、30日から

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 四川航空(CSC/3U)は現地時間11月30日から、西安-関西線の運航を開始する。週4往復で、同社の関空2路線目となる。

西安-関西線を11月に開設する四川航空=PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 機材はエアバスA320型機(2クラス計162席:ビジネス8席、エコノミー154席)を投入。日曜と月曜、水曜、金曜に運航する。

 関空行き3U8801便は、西安を午前8時35分に出発し、午後1時に到着。西安行き3U8802便は、午後2時に関空を出発し、午後5時25分に到着する。

 同社の関空路線は、成都線を週3往復運航している。西安からは、中国東方航空(CES/MU)が1日1往復、春秋航空(CQH/9C)が週1往復運航している。

運航スケジュール
3U8801 西安(08:35)→関西(13:00)運航日:月水金日
3U8802 関西(14:00)→西安(17:25)運航日:月水金日

関連リンク
四川航空

四川航空、A350初号機受領 パンダをデザイン(18年8月9日)
四川航空、関西-成都16年1月開設へ(15年12月10日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post