エアバス, エアライン, 機体 — 2016年2月1日 19:40 JST

香港ドラゴン航空、社名と塗装変更 キャセイドラゴン航空に

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 キャセイパシフィック航空(CPA/CX)傘下の香港ドラゴン航空(HDA/KA)は、2016年下期をめどに社名を「キャセイドラゴン航空」に変更する。両社のブランド名を共通化することにより、競争力強化を図る。

キャセイドラゴン航空の新塗装イメージ(同社提供)

香港ドラゴン航空(左)からキャセイドラゴン航空(右)にロゴを変更(同社提供)

 社名変更により、従来使用していたドラゴンを模したシンボルマークを、キャセイパシフィック航空の「ブラッシュウイング(brushwing)」に変更。ロゴで使用する英文の書体も同じものを使用する。基調となる色も、従来の明るめの赤から落ち着いたものに変更する。

 現在、香港ドラゴン航空はエアバスA320型機を15機、A321を8機、A330-300を19機保有している。新塗装は4月から導入。A330-300から開始し、今後5年で新塗装に差し替える。

 キャセイパシフィック航空日本支社のニック・ブルックス営業本部長は社名変更について、「両社をサービス面で近づける」と狙いを説明。将来的な統合については、航空会社として就航するために必要となる航空運送事業の許可(AOC)をそれぞれ取得していることから、「(両社は)別ブランドで確立している。統合しない」と方針を示した。

 香港ドラゴン航空は香港を拠点に、中国本土のほか、台湾やフィリピンなど周辺アジア諸国16カ国・52都市に乗り入れている。日本路線は福岡と那覇のほか、2015年3月に羽田、同年8月には広島に就航した。

キャセイパシフィック航空(左)とキャセイドラゴン航空のブラッシュウイングを描いた尾翼(同社提供)

関連リンク
香港ドラゴン航空
新しい機体デザイン(キャセイパシフィック航空)

キャセイパシフィック航空の新塗装は2015年11月から
キャセイパシフィック航空の新塗装機、747貨物機にも 香港に到着(16年1月27日)
キャセイパシフィック航空、新塗装機が羽田到着 写真特集・シンプルデザインの777-300ER(15年11月2日)

香港ドラゴン航空関連
香港ドラゴン航空、広島便冬ダイヤで乗継ぎ利便性向上へ(15年8月26日)
香港ドラゴン航空、広島就航 8月16日から週2往復(15年8月17日)
香港ドラゴン航空、羽田-香港就航 満席で到着(15年3月30日)