エアバス, エアライン, 機体 — 2016年1月24日 06:30 JST

シートは手のひらサイズ シンガポール航空のA380、ペーパークラフトで再現

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 シンガポール航空(SIA/SQ)は、エアバスA380型機を20分の1サイズのペーパークラフトで再現した動画を、ユーチューブ(YouTube)で公開している。機体の外観のほか、シートも再現した。

ペーパークラフトで再現したシンガポール航空のA380(同社提供)

 制作したのは、米国人ペーパークラフトアーティストのLuca Iaconi-Stewart氏。厚手の紙を使用しパーツを制作。カッターで切り抜いて組み立てた。およそ3000個のパーツを組み立てて、1人で1000時間以上を費やし完成させた。

 機体のほか、スイートとファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの各シートを再現した。

 制作風景を収めた動画は、2015年12月2日に公開。100万回以上再生されている。1月5日からは、日本語版も公開した。

ペーパークラフトで再現したシンガポール航空のA380スイート(同社提供)

ペーパークラフトで再現したシンガポール航空のA380ファーストクラス(同社提供)

ペーパークラフトで再現したシンガポール航空のA380ビジネスクラス(同社提供)

ペーパークラフトで再現したシンガポール航空のA380プレミアムエコノミー(シンガポール航空提供)

ペーパークラフトで再現したシンガポール航空のA380プレミアムエコノミー(シンガポール航空提供)

成田路線に導入したプレミアムエコノミーも再現(シンガポール航空提供)

ペーパークラフトで再現したシンガポール航空のA380エコノミー(同社提供)

厚手の紙を使用しパーツを作成(シンガポール航空提供)

厚手の紙で作成したパーツ。これらを組み合わせてシートを“製造”する(シンガポール航空提供)

シンガポール航空のロゴもペーパークラフトで再現(YouTubeから)

ペーパークラフトで再現したシンガポール航空のA380(同社提供)

関連リンク
シンガポール航空
尽きることのない細部へのこだわり(YouTube、2分21秒)

シンガポール航空、成田路線A380にプレエコ 23日までシート体験会(16年1月21日)
シンガポール建国50周年のA380、成田に到着(15年8月4日)
シンガポール建国50周年塗装のA380、成田出発 9日は式典参加(15年8月4日)