エアライン, 空港, 解説・コラム — 2015年12月12日 19:26 JST

「朝一番、誰も乗らなかった」特集・台北便で黒字目指すジェットスター・ジャパン(前編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 香港に次ぐ2都市目の国際線就航地として台北を選んだジェットスター・ジャパン(JJP/GK)。11月27日に成田空港、12月11日に関西空港、12日に中部空港(セントレア)から、3路線を開設した。

 一方、同社と言えば出資する豪カンタス・グループや日本航空(JAL/JL、9201)から度重なる増資を受けるなど、厳しい経営状況に目を向けられがちだ。記者は12月9日、日経ビジネスオンラインでの連載「天空万華鏡」で、「LCCの客は、日本人だけではない 台北深夜便で黒字化目指すジェットスター・ジャパン」と題し、同社の成田-台北線や現状に触れた。

 本特集では片岡優会長への単独インタビューを通して、台北3路線の狙いや関空の第2拠点化後の国際線展開、黒字化の見通し、機材計画などを探る。

ジェットスター・ジャパンの片岡会長=15年11月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—前編の概要—
名古屋はこれから
現地の発着枠が取れない
朝一番の便、誰も乗らなかった
関西-仙台線や那覇拠点化の可能性

—後編の概要—
運航・整備で時間費やす
変化するLCCへの認識
成田と羽田
最大の赤字要因
座席数より航続距離

 前編となる今回は、台北3路線や国際線就航時の課題、深夜早朝便に対する利用者の変化、国内線の今後を中心に聞いた。

*後編はこちら

名古屋はこれから

── 台北路線は他の国内LCCも就航しており、ライバルが多い。ジェットスター・ジャパンの強みは何か。

片岡会長:台北にはジェットスター・グループとして、2010年からジェットスター・アジア航空(JSA/3K)が台北-関西線を運航している。台北では新しいブランドではなく、強みがある。

成田と関空、中部から台北路線を開設したジェットスター・ジャパン=11月27日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 日本のマーケットでは、成田と関空、中部から就航している唯一のLCCだ。これまで三大都市で行ってきた営業やマーケティング、ブランディングなどが、そのまま国際線にも使える。

 我々が実施したいろいろな調査でも、他社よりも低価格運賃が評価されている。ジェットスター=料金的なメリットがあるというイメージを持っていただいている。最低価格保証やプライスウォッチ、(金曜に開催する)ラッキーフライデーセールと、国際線でも毎日安い料金を提供できるのが一番の強みだ。

── 台北路線の予約状況は。

片岡会長:成田と関空は6割が台湾人、35%が日本人、5%がその他の国。名古屋はちょっと特異で、


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。