エアライン — 2015年10月31日 10:31 JST

ボジョレー・ヌーボー初荷、3.5トンが羽田着 ANA便で

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 11月19日に解禁日を迎えるボジョレー・ヌーボー(ボージョレ・ヌーボー)の初荷が10月31日、全日本空輸(ANA/NH)のフランクフルト発NH204便(ボーイング777-300ER型機、登録番号JA786A)で羽田空港へ午前6時46分に到着した。午前8時すぎからは東京税関の職員による検品が行われた。

ボジョレー・ヌーボーの初荷を手にするANAの客室乗務員=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ボジョレー・ヌーボーの初荷を検品する税関職員=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ボジョレー・ヌーボーが羽田へ到着するピークは4日から11日の8日間。羽田のほかに成田と関西、中部、福岡、新千歳の6空港に到着する。全体の約半数が羽田と成田に届く。

 初荷の数量は221ケース、重さ約3.5トン。3192本が到着した。このうち、176ケース2112本が750mlボトル、45ケース1080本が375mlボトルとなる。

 輸入元のサントリーワインインターナショナルによると、今年の対日輸出数量は、前年比で数%減少する見込み。バブル期にもてはやされたことを知らない20代の若者に訴求するため、ボジョレー・ヌーボーが飲める店舗を紹介する特設ページを開設したり、SNSを通じたピーアール活動を行うという。

 同社扱いの今年のボジョレー・ヌーボーの色はダークルビー色で、完熟した黒い果実の香りがあふれ出す、まろやかなワインだとしている。

 今年の夏は記録的な日照量と降雨量が少なかったことで、ブドウには好ましいコンディションが続いたという。一代でボジョレー・ヌーボーを世界的に有名なワインに育て上げた、「ボジョレーの帝王」と呼ばれるというジョルジュ・デュブッフ氏は、「我がワイン人生最良の年」と評した。

羽田に着陸するボジョレーの初荷を積んだNH204便=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に着陸するボジョレーの初荷を積んだNH204便=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田の駐機場に到着するボジョレーの初荷を積んだNH204便=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

777の貨物室から姿を現すボジョレー・ヌーボーの初荷=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

777の貨物室から姿を現すボジョレー・ヌーボーの初荷=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

トーイングカーに引かれていくボジョレーヌーボー=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

トーイングカーに引かれていくボジョレーヌーボー=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ボジョレー・ヌーボーの初荷を取り出す日通航空の社員=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ボジョレー・ヌーボーの初荷を手にするANAの客室乗務員=10月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
全日本空輸
サントリー

ボジョレー・ヌーボー初荷、ANA便で羽田到着(14年11月4日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、JAL便で羽田に20トン到着(13年11月5日)
ボジョレー・ヌーボー初荷 日航便で羽田到着(12年10月27日)