エアライン, ボーイング, 機体, 解説・コラム — 2015年3月24日 12:30 JST

個室感と開放感を両立したビジネスクラス 写真特集・ANA新仕様777-300ERができるまで(機内編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 アモイ編からの続き。全日本空輸(ANA/NH)が長距離国際線で運航してるボーイング777-300ER型機は、現在19機。このうち、13機が新サービスブランド「Inspiration of Japan(IOJ、インスピレーション・オブ・ジャパン)」に基づく新仕様に改修された。

寝具をセットしたビジネスクラス=3月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 最初の改修機(登録番号JA733A)は、2011年4月25日から約2カ月かけ、羽田の格納庫で改修した。その後は羽田で2機、成田で4機改修し、国内では計7機を担当した。3月17日に成田空港へ戻った機体(JA782A)は改修の最終号機で、中国・福建省南部のアモイにある「HAECO XIAMEN(ヘコ・シーメン、旧称TAECO、テコ)」で作業が行われた。

 機体が成田に戻った翌18日、記者が格納庫を訪ねると19日の初便投入に向けて、最終整備が行われていた。万一、18日の便に使われる777-300ERに不具合が発生すれば、前倒しで就航する可能性もあるため、整備士たちは粛々と作業を進めていく。

「自信を持っているのでファンを増やしたい」と語るANAの茅主席部員=3月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 新仕様機の一番の特徴は、日本で初めてビジネスクラスに全席通路アクセスを実現した「スタッガード配列」のフルフラットシートを導入したことだ。すでにこのレイアウトは一般的になったが、2010年4月19日に新仕様最初の機体(JA784A)が就航した当時は、まだ珍しかった。

 開発から携わってきた、ANAのCS&プロダクトサービス室商品戦略部の茅順一朗・主席部員は「乗客からも好評で、今でも競争力がある。自信を持っているので、ファンを増やしていきたい」と、時代に先駆けたビジネスクラスは自慢のプロダクトだ。

 最終改修が施されたJA782Aの座席数は、ファースト8席(1-2-1配列)、ビジネス52席(1-2-1配列)、プレミアムエコノミー24席(2-4-2配列)、エコノミー180席(3-4-3配列)の計264席。本写真特集では、もっとも注目されるビジネスクラスだけではなく、ファーストからエコノミーまで、全クラスのシートを紹介していく。

ファーストクラス

 23インチの大型液晶ワイドスクリーンを備え、シアタールームのように過ごせる。フルフラットシートの長さは77インチ(約195.6cm)で、幅は32.9インチ(約83.6cm)と、フルフラットになったビジネスクラスと比べてもゆったりしている。

 角度を変えられるLEDの読書灯が2つ、ピアノのように鏡面仕上げの大型ダイニングテーブル、可動式のカクテルテーブルなどを備える。

 個室ユニットの壁面には、ジャケットや靴の収納スペースを用意した。シートメーカーはゾディアック・シート・フランスで、周囲のシェルはジャムコ(7408)。

幅が広いファーストクラスのシート=3月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ビジネスクラス

 液晶ワイドスクリーンは17インチのタッチパネル式。日本の航空会社では初めて「スタッガード配列」を採用し、全席通路アクセスを実現した。ファーストクラスと同様に大型サイドテーブルを設けた。

 隣席を作らず、個室感と開放感のバランス良い空間を生み出したことで、客室乗務員も各席の様子を伺える。

 フルフラットシートの長さは74.5インチ(約189.2cm)、幅は25.3インチ(約64.3cm)。シート下には靴を収納できる専用スペースを設けてある。シートメーカーはゾディアック・シート・フランス。

スタッガード配列のビジネスクラス=3月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

プレミアムエコノミー

 個人液晶モニターは10.6インチのタッチパネル式(最前列は12.1インチ)。大型テーブルやレッグレスト、フットレスト、パソコン電源を備える。

 シートピッチは38インチ(約96.5cm)で、幅は19.3インチ(約49cm)。シートメーカーはゾディアック・US。

プレミアムエコノミーのシート=3月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

エコノミークラス

 個人液晶モニターは9インチのタッチパネル式。モニターが薄型になったことで、各席の空間が広がった。足もともIFE(機内エンターテインメント装置)の機器類の配置を工夫したことで、広くなっている。

 シートピッチは34インチ(約86.4cm)で、幅は17.2インチ(約43.7cm)。シートメーカーはゾディアック・US。

エコノミークラスのシート=3月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

   ◆ ◆ ◆

 長距離国際線を担う777-300ERは、今年の3月から5月にかけて、毎月1機ずつ新造機が引き渡される予定で、計22機になる。ANAは2021年度から777の後継機777-9Xを導入するが、当面は現在のシートが同社の顔。今回の改修で生まれ変わったJA782Aも、長く活躍して欲しいものだ。

*写真は計48枚(ログインすると、すべてご覧いただけます)。
*本写真特集はアモイ編と機体編の2本です。

個室感を高めたファーストクラス=3月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。