エアライン, 官公庁, 解説・コラム — 2014年11月23日 11:20 JST

なぜスカイマークはJALと組みたいのか シリーズ・航空業界素朴な疑問(3)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 11月21日、スカイマーク(SKY/BC、9204)が日本航空(JAL/JL、9201)に対し、経営支援を要請したことを明らかにした。具体的な内容は今後詰めていくが、旅客や貨物分野でのコードシェア(共同運航)を両社で検討していく。

 しかし、なぜ国内航空会社で売上高首位の全日本空輸(ANA/NH)ではなく、JALなのか。なぜJALはSKYに出資しないのか。両社の意図を探る。(ANAも加わった提携はいつ実現? 現状はこちら

─ 記事の概要 ─
独立にこだわる西久保社長
羽田国内線はANAが過半数
国交省監視下のJAL

独立にこだわる西久保社長

JALに経営支援を要請したスカイマーク=14年5月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 SKYの歴史的経緯を見ると、必ずしもJALと密接な関係にあったわけではない。会社設立翌年の1997年7月、ANAと技術指導などの契約を結んでいる。その後、2000年9月には空港のグランドハンドリングや整備を自前でこなすようになった。人的な面では、ANA出身者は役員も含め、現在も一定数いる。しかし、SKY以外の新規航空会社3社がすべてANA傘下にある状況と比べると、両社は特段深い間柄ではない。

 一方、JALとの関係も似たようなものだ。


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。